2011年06月

ho3513pl

大堀香奈の性器を見事に再現!というBALTANの「クローン性器」試してみました。いいですね、クローンっていう響き。ちょっとハードル上げすぎ感のあるキャッチですが、本当にクローン技術がオナホールに使われたらと思うとヨダレがジュルリ(^q^)
続きを読む

DAY&NIGHT

2種類のオナホールが入っている珍しいタイプのオナホール、トイズサカイの「DAY&NIGHT」試してみました。

オンタイム用の刺激ホール、オフタイム用のまったりホールとその時の気分で好きな方を選べる贅沢仕様ですが、気持ちよくなければただのダメホール。検証してみましょう。
続きを読む

萌えっ娘

JOYBOXのロリ萌えオナホール、「萌えっ娘」試してみました。パッケージの女の子がやたらかわいくて思わず手が伸びてしまったんですが、この絵どこかで見た事あるような・・・そうエロゲで・・・エロゲで。
続きを読む

001

AKB48の人気の爆発?っぷりに便乗したパロディホール、ムートンの「AKE24」試してみました。

24ってなんのこっちゃと思ったら、パッケージに「24時間ドコでもイケる!!」と書いてて納得・・・。いや、ドコでもはさすがにまずいんじゃないでしょうか。

しかもさらによく見ると「Asoko Kimoti E」のAKEだそうです。



「oh....」
続きを読む

Very Very2

人気爆発?だったのかはイマイチよく知らない、ジョイボックスの”Very Very”の第2弾「Very Very2」試してみました。



キャンギャル風のお姉さんのドヤ顔が印象的なパッケージですが、一体どういう関係があるのか・・・。イベント行く→キャンギャル発見→セックス、ですね、わかります。
続きを読む

a (2)

メタリックブルーのクールなデザイン、ウインズの「ライジングブルー」試してみました。



ぱっと見これ、水筒に見えるの僕だけでしょうか、TENGAのフリップホールのようにオナホール部分が蓋になっていたら家族にバレないデザインで完璧だったんですが、・・・おしいですね。
続きを読む

チン楽! タコ娘 (イボイボのタコ壺)

チン楽!チン楽!でおなじみ、日暮里ギフトの「チン楽タコ娘 イボイボのタコ壺」試してみました。本家のイカ娘が色々な所に侵略しているのは、小耳にはさんでいたんですが、まさかオナホールにまで・・・。いや、知ってた。最近のパロディホールは自重という言葉を知らないですからね。人気のイカ娘もいずれかはオナホールになるだろうってのは知ってました。
続きを読む

ローリングフェラボンバー

日暮里ギフトの電動フェラチオホールで人気の「ローリングフェラボンバー」試してみました。見た目のインパクトが強すぎてもはやネタにしか見えないオナホールですが、これはこれで人気があるらしいのです。
続きを読む

ベイビー★スパンキー

”ボクのおなぺっと”で有名なメイトの「ベイビースパンキー」試してみました。低価格なリアルな造形シリーズのおっぱいバージョンです。このシリーズはあまり気持ちよくないオナホールの連発なのですが、このおっぱいホールどうでしょうか。
続きを読む

姫壺(ひめつぼ)

日暮里ギフトの両穴ホール「姫壷」試してみました。前後どちらからでも挿入出来るタイプのオナホールは、とりあえず、後ろのアナル側を狭くコリっとさせれば、そこそこ気持ちいいアナルホールの出来上がりでお手軽と言えばお手軽ですが、その分貫通型になることこで、バキューム力がなくなってしまうのがイマイチ流行らない理由でしょうね。
続きを読む

_SL500_AA300_

近未来的カップホール、トイズサカイの「ミライノオナニーNo.2」試してみました。現代のホールでは満足出来ない!未来のホールで時代を先取り!という購買意欲をわかせるネーミングで素晴らしいですね。確かに試したくなりました。
続きを読む

110613-egg

すっかり忘れていたんですが、6月15日からTENGA EGGの選挙始まっていましたね。うっかりしていました。これ、モニターの100名枠にしっかり応募したんですが、ばっちり枠から漏れてしまって凄く残念です。手元にあったら動画撮ってレビューつけたかったんですが、今更言ってもしょうがないので投票だけでもしておきましょう。



http://www.tenga.co.jp/egg3_campaign/
続きを読む

r04502

ジョイボックスから発売されているあの「ミニ名器」がBIGになって帰ってきた!ということで「ミニ名器BIG」試してみました。昭和の香りが漂う、古風なパッケージでおなじみ?のミニ名器ですが、遂にBIGサイズが出ました。みんなが待ち望んでいた・・・?うん、待ってはなかったよね。
続きを読む

このページのトップヘ