_SL500_AA300_今回はフロンティアジャパンの「にゃるオナダッシュ!!ハス美」試してみました。
前回前々回に続き「這いよれ ニャル子さん」の長尺パロディホールのまとめです。



_AA1500_

今回でシリーズ最後のホールになります。

オナホられたのは・・・
E3838FE382B9E5A4AAEFBC88EFBC93EFBC89
ハス太くん

男キャラが性転換して女キャラとしてオナホられているんですが、なるほどそもそも男のくせに女性らしいキャラクターとして描写されていたんですね。

この前もこのハス太くんのオナホールがパロられていたので、何かあるなとは思っていたんですが理解しました。オナホリティ(オナホールにならざるを得ない存在)はもともと高かったという事ですね。

キャプチャ
素材は気泡素材という事でかなり柔らかいプニプニした感じですが、見た目的はあまり気泡らしさは感じられません。
ホールの形はシリーズですべて違う形ですが、長尺っぷりはすべて同じ

本当によく伸びる素材で、このホールなら中距離の殴り合いが出来るくらいの伸びる鈍器っぷりで、この鈍器で敵の頬をビンタすると相手を落ち込ませる事が出来るという特殊能力が付与されています。

キャプチャ
内部構造もシリーズですべて違うようですが、内部が柔らかくて構造もざっくりした感じなので似て非なるものの逆の、「非にて似るもの」といったような刺激っぽさですね。構造は違うんだけどほとんど刺激は同じみたいな。

このホールは前回の「ミー子」とは違い、ボディのデコボコ感がストロークによく現れていてロングストロークに適している形状ですね。
ただ、「にゃ~子」との違いがよくわからなく、どちらかというとこの「ハス美」の方がボコボコ感が若干強いかな?というレベルの些細な違いでした。

まとめてみましょう。
にゃ~子→ボコボコしたボディがロングストローク向き、やたら長いのが特徴
ミー子→ボコボコ感はなく、ストレートな感じで奥の奥まで挿入してからのショートストロークが◎、ボディが凄く長い
ハス美、にゃ~子とほぼ同じだが、こっちの方がボコボコ感が強いか?という程度の違い、本体の長さが目につく

正直な話3つも作らなくても「にゃ~子」と「ミー子」だけでオナホの違いは出せていたので、ハス美は作らなくてもよかったと思います。

超絶ロングペニスの方でまったり系が楽しみたい方にはそこそこ合うかも。
まったり感だけで言えばそんなに悪いシリーズでもないですね。

[まったり系]■□□□□[刺激系] (5段階:1)
ショップ平均価格:1500円前後
オナ朗のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る

関連商品

這いよれ!ニャル子さん ぷにぷにうで枕 ハス太柄
這いよれ!ニャル子さん ぷにぷにうで枕 ハス太柄