_SL500_AA300_今回はリクエスト頂きました、トイズハートの

「下つきの女」

試してみました。

2010年の12月に発売されたホールですね。










皆さんご存知の通り女性器には上つきと下つきの二種類があるわけなんですが、そんな「どっちでもいいじゃん」的な超マニアックな部分にフォーカスしてきたのが今回の「下つきの女」

_SL500_AA300_

もちろん下つきの女なので、

バックからの挿入が楽

という当たり前な設定の通り、パッケージの女の子も

キャプチャ

「バックでかも~ん」

なんていうアホ丸出しなセリフを恥ずかしげもなく言っちゃう始末で、逆にこっちが恥ずかしくなってきます。

キャプチャ

本体は多分これセーフスキン、と思ってパッケージをみたらやっぱりセーフスキン。
僕のオナホ鑑識のレベルも徐々に上がってきましたね。

セーフスキンは「初々しい妹」なんかにも使われている「覚醒する素材」で人気のある素材ですね。


本体は非常にエロい形をしていて、特に入口部分の造形のエロさは満点の芸術点を上げたいくらいですね。

キャプチャ

内部は前半がヒダ、後半がイボ、という分かりやすい構造になっています。

挿入した直後からザラザラザラ!!!っとした壁の刺激で「おぉお??」なんて思ってしまったんですが、いささかヒダが荒ぶりすぎるザラザラ感で刺激のバランスがとても悪いように感じました。

素材の固さもヒダと相性はあまり良くなく、挿入部分のヒダがザラザラしすぎて奥のイボ部分もとても希薄に感じてしまい、オナホールとしてのバランスもいささか悪いように感じますね。



「これはアカンやろぉ・・・」


と思ってAmazonNLSのレビューを一応確認してみると意外にも高評価すぎて、若干自分のペニスカウターに自信がなくなってきました。
images


刺激系やヒダ系はどちらかというと好きな方なんですが・・・、う~ん・・・これは正直イマイチですね。

ただ、セーフスキンは何回も使っているとどんどん柔らかくなってくるので、何回も何回も使っていれば高評価がつくほどのバランスになるのかもしれません。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:2300円前後
オナ朗のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る