_SL500_AA300_今回はリクエスト頂きましたRendsの

「s.n.e.g オナホール Vol.3 ゆま」

試してみました。

前回前々回に引き続き同じシリーズのVol2の紹介です。


憧れのシチュエーションで楽しむ「それなんてエロゲ?」というシリーズですが、今回で最後となりました。

_SL500_AA300_

図書館で後輩から急接近!
必死の告白姿にムラムラ編




かわいい後輩が図書館で告白してくる、というシチュエーションは確かに分からなくはない・・・、ですがやはりそれのオナホールと言われてもイマイチぴんと来ないと、というのがシリーズを通しての感想ですね。

なまじパッケージがいいので雰囲気で騙されてしまいそうですがよくわからないものはよくわからない、とはっきり言っておきましょう。

キャプチャ

全種類パンツが付属しているんですが、この青白のストライプパンツだけやけに良く見えます。


今になって初めて気付いたんですが
キャプチャ

パッケージの女の子の実際のパンツの柄が同じだったでゴザルの巻


一応全シリーズでパッケージとパンツの柄を合わせてきていますね。

やけにクオリティの高いパンツだな、と思っていたらそういう工夫が凝らされていたんですね。
RENDSを少し見くびっていました。


キャプチャ
先日の記事

「色付きで服を着せた形にすれば良かったのに」

というコメントを頂いたんですがそれも納得で僕も本当にそう思います。

服の形というのは斬新すぎる発想ですが、いかんせん分かりにくいというのがリアルな感想ですね。

ただ色つきホール、というかホール本体に着色するというのは、今のオナホ成型技術ではちょっと難しいんじゃないでしょうかね。

キャプチャ
素材は少し固めな素材で、S.N.E.G1のあゆみよりももしかしたら少しだけ固いかもしれない、というくらい微妙な違いの素材の固さになっていますが、Vol.2のかえでよりかは確実に固い素材ですね。

内部は縦ヒダ系のゆるい内部構造になっていて、やはり挿入感も比較的なめらかな刺激の少ない肉壁になっています。
素材は固めでボリューミーなので、ナチュラルな締め付け感にナチュラルなヒダがゆるーく刺激してくるバランスですが、まったり系ではなく弱すぎない刺激のホールになっています。

しっかりした素材の存在感を味わいながらも緩い刺激で長時間が楽しめるホールですが、そこまでオススメという訳ではなく、こんなもんだよね的なバランスのホールですね。

一番刺激が楽しかったのはやはりVol.1のあゆみで、コリコリ感がいい感じで個人的に一番好きですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:2450円前後
オナ朗のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る