1-1058今回はリクエストを頂きました、ホットパワーズの

「被虐のアリューネ ヴァンパイアファング 覚醒前」

試してみました。

被虐のアリューネシリーズのフェラチオ版ホールですね。


 










被虐のアリューネといえば、ホットパワーズの人気シリーズ!と断定していいのかそんなに詳しいわけではないのですが、今までにいくつか発売されているシリーズのフェラチオ版みたいなのが今回のホールです。


1-1058

通常版の被虐のアリューネのレビューはこちらコチラ

最近たまに使っている「刺激が強すぎてオラのお尻がピクピクすっぞ」という表現は最初に使ったのはいつだったんだろうと思ったら、この被虐のアリューネが最初だったんですね。


ホットパワーズのオナホールはパッケージからその情報を読取るよりも、公式ページの漫画を読んだ方が理解しやすいという通販サイトならでは販促手法を使っているので、今回もサクっと読んできました。

001
クリックで商品ページにジャンプ



なるほど。


どういう経緯でフェラチオする事になったのかが分かりやすくストーリーになっていますが、このアリューネ様ってそもそも誰やねんという人は被虐のアリューネの物語を読んで理解を深める事でより楽しめる仕様になっています。


001

本体の形はホットパワーズでよく使われているスタンダードな形状。というかホットパワーズの型はコレしか見た事がありません。

直径は13.5cmで重量は310gほど。

ミドルホールをあえて定義するなら、だいたい200g~450gくらいのハンドホールという定義んですが、

200g前後が少し小さめ

300g前後がほどよいサイズ

450g前後が大きめのサイズ

という分類の仕方を最近するようになりました。


ちなみにミドルホールの代表的なセブンティーンボルドーは250g程。
ぷにばーじんは360g程、最近で言えばヴァージンループなんかは260gのサイズになりますね。

どれもミドルホールという分類ですが300g前後にリッチ感の壁みたいなものが存在しているようで、300gオーバーのホールには挿入感に若干厚みが出るように感じます。

このヴァンパイアファングもちょっと厚み感があるな、と思ってグラム数を量ってみると案の定300gオーバーだったのであながちそんなにズレてもいない感覚だと思うんですがどうでしょうかね。

ちなみに名器の証明名器の品格なんかは600g前後なので、ここまでいくと大型ハンドホールのカテゴリに入れたいですね。


001

素材は普通~少し柔らかめくらいのものが使われており、臭いや油っぽさはほどほどな素材になっています。

入口にはオナホールの名前にもなっているヴァンパイアファングよろしく、吸血鬼の牙っぽい入口になっており、オナホシンクロ率の高さを魅せつけてくれますね。

001

裏返した感じではイボがちょこっと出ているだけで、さっぱり意味が分からない構造になっています。


1-1058i

こういう複雑な内部構造はやはり断面図で見るのが一番分かりやすいですね。

入口付近には上歯と下歯、そして舌に喉ちんこまでついているこだわりのディテールになっていました。


001

かなりまったり感のある柔らかくて心地の良い挿入感になっており、300gの微妙なリッチ感のある厚み具合ととてもマッチした程よいサイズになっていますね。

入口の牙歯のディテール最初の挿入時に少しひっかかる程度の刺激で、そこまで刺激に直結しているわけではありませんでした。

001

ただ、喉ちんこらへんで

入口がもう一つついているような変わった挿入感


になっており、この挿入感が喉奥にグポっと突っ込んでいるような気分を味わえるようになっており、まるで

入口付近で出し入れしている感じを挿入しながら味わえる

というちょっと珍しい挿入感になっていますね。


直接刺激してくるような部分がそこだけなので、射精力は少し低めに感じましたが、まったり系の独特なジワジワする気持ちよさとは違った、味わいのあるイラマチオ感は悪くはないですね。


フェラチオ感(というかイラマチオ感)はそこそこ出しつつも、それなりに実用的なまったり系フェラチオホールといった感じでしょうか。


※ハード版とノーマル版が発売されていますが、今回試したのはノーマル版です。


オナホデータ

[まったり系]■■□□□[刺激系] (5段階:2)
ショップ平均価格:4500円前後
オナ朗のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る