_SL500_AA300_今回はNPGの

「ニジヨメ 那琴」

試してみました。

前回に引き続き、「ツゴウノイイ家族」というエロゲーとのタイアップホールですね。 


今まですっかり使い方を間違えていたような気がするコラボという言葉ですが、どれがコラボでどれがタイアップなのかの線引はとても難しいのでこれからも大いに間違えていきましょう。

_AA1500_

画面の中のヒロインをイメージしてオナホで3次元化!



001

前回と同じ型じゃないか

きっと型じゃなくて、使用感的な所をイメージして作ったんでしょう。
そうだね、きっとそうだよね。

シリーズで型は全く同じものが使われていますが、こちらの方が少し柔らかめなのか・・・?と思えるくらい本当に微妙な感じの違いがありますね。

001


前回の飛鳥は「柔らか素材を使用したモチ肌触感バージョン」だったので、明らかに違う素材っぽいですが、実際に横に並べて触り比べてもそこまで大きな違いはないような印象です。


001

内部は細かいイボがびっしりとついている構造になっていました。

_AA1000_

こちら断面図。

前回の飛鳥はザラっとした荒めのヒダだったので、イボとヒダで対照的な構造になっていますね。
やはりシリーズで2つも出すならこのくらいの大きな違いで出してくれた方が、使用感に違いがあって嬉しいというかレビューしやすいので嬉しいですね。

ズブっと挿入。

ザラザラとした細かいイボが優しく撫で上げてくるような刺激具合で

こっちの方がなんぼか柔らかい

という、挿入した時のほうが柔らかさの違いに気付いてしまうというオナ郎のペニスカウターっぷり。
手でふにゃふにゃと触っている分にはそこまで大きな違いはなかったんですが、挿入するとはっきりとその固さの違いが分かりますね。

もちろん交互に出し入れして比べた結果で、どちらもまったりとした柔らかい刺激なんですが「飛鳥」の方が中の穴がよりしっかりとしているような感じで、「那琴」はそれよりもさらに柔らかいフニャっとした挿入感になっています。

「飛鳥」でも十分まったり系だな、と思っていたんですがこれはさらにそれを超えたまったり具合になっており、どちらもバランスの良いオナホールに仕上がっているといった印象ですね。

平凡だけどいい感じのホール

ってそういやこんな具合だったな、と久しぶりに思い出させてくれたありがたいオナホールですね。

オナホデータ

[まったり系]■□□□□[刺激系] (5段階:1)
ショップ平均価格:1000円前後
オナ朗のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る