001今回はエンジョイトイズの

「MEN’S MAX ORB warmer」

試してみました。

温めながら使えるという世にも奇妙なオナホールですね。 


オナホールを温める

オナホーラーにとっての永遠の課題とも言えるこの行為。
やれレンジでチンがベストだ、やれお湯が最強だ、と様々な議論がなされており、オナホ動画.comでも温め方のレビューを行ったりしていますが、未だに明確な回答は得られていない状況ですね。

そして、そんな永遠の課題に挑戦してきたのがエンジョイトイズ。

ho4893pl

メンズマックス オーブ ウォーマー

商品説明はこちら
高品質を誇るMEN’S MAXオーブシリーズに、温めながら使える唯一のオナホールが登場。

ホール内にエコカイロを2つ同時に挿入できるスペースを確保し、従来品とは違い「温めながら挿入」を可能としました。エコカイロは熱湯で加熱することで何回でも再利用できます。

素材には引き続き『ピュアリアル』を仕様し、超微粒子エアイン加工が程良いぬくもりを確保。内部は、よりリアルな感触が味わえる3層構造を採用しました。

細かなヒダと大きめのパールのギャップをお楽しみいただけます。最高温度/約45℃ 持続時間/約25分非貫通タイプ,付属品:MMプレイローション7ml、専用スタンド、ウォーマー2個

なんと

温めながら使えて再利用が可能

というちょっとシャレになっていない仕様になっており、「オラわくわくすっぞ!」といったようなハチャメチャが押し寄せてくるオナホールですね。

パクりメーカーでいくのかと思わせておきながら、こういった斬新すぎる試みも行っていくというのがエンジョイトイズというメーカーのようです。(前回の斬新すぎる試みはこちら)

001

本体は前回紹介した「メンズマックスオーブ」と似たような瓜っぽい形になっています。
中が透けて見える半透明の素材になっており、気泡がたくさんある発泡系の素材が使われていますね。

素材の固さは普通くらいで臭いと油っぽさはほどほどといった所です。

001


入口から中を覗くと、スティック状のウォーマーが二本既に仕込まれた状態で入っています。

001

取り出したものがコチラ。
原理はよく分かりませんが、「TENGAウォーマー」と同じで内部の金属をパキッと折ってやればみるみるうちに温まるという子供心をくすぐる不思議仕様のアレですね。

つまり図にすると・・・

001

こんな感じ、
オナホールの内部にポケットを作ってそこにウォーマーを差し込む事によって温かさが持続する、という試みですね。

001


内部は基本的な横ヒダ系といった感じですが、確かに差し込めるようなポケットが確認出来ますね。

ウォーマーは差し込んだままの状態だと内部のプレートを折るのが非常に難しい為に。一旦抜いてからプレートを折って・・・という一手間かかる仕様になっていて「めんどくせぇな・・・」というオナ郎の心のロウソクに小さな火が灯ってしまいました。

パキっとプレートを折るとものすごい勢いでウォーマーは温まり、30秒もしたらとてもいい感じの温かさになるスピード感がありますね。

「この勢いならかなり早く温まるんじゃ・・・?」

という高まる期待に待つこと2分。


全然温かくない・・・


ウォーマーを入れたポケット部分はかなり温かくなっていますが、肝心のオナホール内部はまだあまり温かくないですね。

結局7分くらい待ってようやくほんのり温かいレベルまで達してくれたんですが、正直な所

かなりぬるい

仕様になっていますね。

期待していたような温かさ違う!違うよ!!

「冷たくはない、いやむしろ温かい、だが熱くはない」

やっぱりこう、オナホールを温める時は挿入した時にモワっとした熱気を感じるくらいの温かさがちょうどいい感じなんですが、このウォーマーだと温かさはあるけど期待値よりかなり低いといった感じですね。

ポケットとオナホ内部の壁はかなり薄めなので、もうちょっと温かくなるかなと思っていたんですが、その肉壁1枚のせいで温かさが妨害されているように思います。

挿入感は普通の横ヒダ系といった感じで、左右に固いウォーマーが刺さって入る分少しストローク感が固く感じますがそこまで気になるレベルではなく、邪魔にはならないバランスで調整されているのが分かりますね。

試しにウォーマーを抜いた状態でもストロークしてみたら、挿入感は柔らかくなりましたが気持ちよさに大きな違いはありませんでした。

  • オナホールは悪くない
  • そこまで熱くならない
  • ポケットに入れる←ちょっとめんどくさい
  • 使用後のウォーマーをお湯につける←めっちゃめんどくさい
あまり何回も使いたいとは思えない

という少し厳しい評価にならざるを得ないですね。

お湯で戻してみる

台所から出るお湯レベルでは戻ってくれなかったので、グツグツと沸かしたお湯で1分程煮込んでみると元の液体に戻ってくれました。
試しに水で冷たい状態に戻して、すぐにプレートを折ると温かくはなりましたが液体は固まらないという中途半端な状態になってしまったので、自然に冷めるのを待った方がいいかもしれません。

「電子レンジで温めたら一瞬じゃねーのか」

というめんどくさがり屋のオナ郎が大好きな方法で5秒ずつ2回温めてみるとすぐに液体状に戻ってくれましたが、ものすごく危ないような気がするので良い子のみんなは真似しないようにして下さい。

オナホ自体は★3か★4といった所・・・ですがめんどくささを考えると★2・・・、間をとって★3にしておきましょう。
オナホール本体と関係の無い所で評価が下がってしまったという、少し珍しい点数の付け方になってしまいました。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:1600円前後
オナ朗のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16DMMで詳細&レビューを見る 
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る