_SL500_AA300_今回はG PROJECTの

「MIL-MIX1」

試してみました。

牛乳ビン型というとても斬新なオナホールですね。 










パッケージセンスだけは業界一なんじゃないかと思っているG PROJECTというメーカー。
TENGAは「アダルトグッズに見えない」というデザインでしたが、G PROJECTは「キレイなオナホール」といった印象のデザインで統一されていますね。

後はオナホールさえ・・・オナホールさえクオリティが高ければ・・・!

オナホール自体はそこそこいい素材で、中身も割りとこだわっているように見えるんですが、ここ最近なぜか低評価が続いていますね。


510litA-PmL


今回のコンセプトは

牛乳ビン

という事で、誰得!?な仕様になっているわけですが、一応女の子も牛っぽい柄の服を着ているというオナホシンクロ率の高さを実現しています。

ただ・・・

001

牛と言えば巨乳じゃないか!!

この見事なまでの貧乳っぷりに戸惑いを隠し切れないですね。
もしかするとマニアの間では牛なのに貧乳というギャップが興奮する材料になっているのかもしれません。

001
http://mota.sakura.ne.jp/

G PROJECTの公式サイトに行くとイラストレーターの詳細が書かかれており、どこかで見た絵だなと思ったら「~聖魔道物語~」のキャラクターを描いている方だったんですね。

オナホ業界が一般メディアと融和していく様を垣間見たぜ・・・。

001

思った以上に牛乳ビンだったでゴザルの巻。

オナホシンクロ率で言えば100%なわけですが、全く興奮出来る要素がないのはきっと気のせいではないでしょう。
素材は少し固めで臭いと油っぽさは控えめになっていますね。

001

内部はイボ→ヒダ→イボのシンプルな構造。
裏返してみると小さな気泡が見えるので発泡系素材が使われているようですね。

001

しっかりしている素材の為に裏返した感じとそこまで内部構造に違いはありませんが、奥の方に空間が作られているようです。

エッジ感のあるイボがゴリゴリと刺激してくるような感じになっており、奥の方は肉厚具合が感じられるような挿入感になっています。
ビン形状だからといってストローク感が悪く感じられる事もなく、挿入してしまえばゴリゴリとした普通の刺激系ホールといった印象ですね。

割りとシンプルな刺激の為に若干刺激寄りの万人向けな感じですが、コレといったオススメポイントがないのは残念な所で、可もなく不可もなく・・・というありきたりオナホールに思いました。

牛乳ビン形状は斬新すぎますが、それがオススメポイントかと言われれば何か違うような気がしますね。

強いていうなら

「パケ買いしても大丈夫だよ!」

という事くらいかもしれません。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:1700円前後
オナ朗のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16DMMで詳細&レビューを見る