001今回はTENGAの

「SD TENGA」

試してみました。

ショートサイズになったTENGAですね。 










2013年は「iroha」という女性向けのアダルトグッズを出して世間を賑わせていたものの、

男性向けグッズはどこにいった

と言わんばかりに、さっぱり商品を出していなかったTENGAが久しぶりに出した男性用アダルトグッズが今回のそれですね。

001

SD TENGA

従来のTENGAカップシリーズが短くなって登場という、今まで革命を起こしてきたTENGAとは思えない発想の商品ですね・・・。
奥まで届け! ショートサイズのNEW TYPE!
奥を突く感覚を楽しみたい! という声から、待望のショートサイズTENGAが誕生。ディープスロートカップの締めつけとバキュームはそのままに、独特の奥突き感を楽しむことができるカップシリーズです。
100円のコーラを1000円で売る方法」という有名なビジネス書にも書いていましたが、「ユーザーのニーズを100%聞いているだけでは満足度は上がらない」、みたいな言葉をふと思い出してしまいました。

僕達がTENGAに求めているのはこういう事じゃないんだ・・・!!という気持ちになってきますが、それは最近のリンゴ的な会社にも感じている事だったりします。

001

なんだかとても懐かしく感じるTENGAの挿入感。
数年前は革命的だった挿入感も、2014年になった今では「あぁ、TENGAのソレだな」といったように新鮮味というものが感じれなくなっている自分がそこにいました。

どちらかというとゴリゴリしたようなイボっぽい感じの挿入感に加えて、ディープスロートカップのバキューム感が特徴的ですね。

「そうそう、この吸われるような感じが新しかったんだよな~」

という、昔住んでいた町に訪れているような懐古的な感想しか出てこないですね・・・。
いかんいかん、ちゃんとレビューしましょう。

001

ディルドのサイズは台座から約11cmほどなのでやはり短めなサイズですね。
短くした事によって奥を突く感覚を楽しめるというのが今回のコンセプトのようですが、

ただ使いにくいだけ

・・・に感じてしまいますね。
奥まで突いた時にガシガシと当たる感じが気持ちいいという感情は一切なく「短くてつっかえてるだけ」みたいな感じに思ってしまいますね。

001

そして上部の空気穴を閉じても、やたらとシュポシュポ空気が漏れるな~と思ったら入り口のサイドらへんに穴が開いていて、この部分から空気がだだ漏れになっているようでした。

予備で買っておいたもう一つのSD TENGAも確認してみると同じ場所に穴があったので、おそらくこういう仕様なんだと思います。

シュポシュポ空気が漏れてバキューム力が下がるだけなので、なぜこの穴を付けたのか・・・、本当に謎だったりします。
もしかしたら穴がないとバキュームが強すぎてストローク出来なかったとかそういう理由かもしれませんが、途中で自分の指で穴を塞いでストロークしていたくらいなので、この仕様が正解とはまったく思えないですね。

そもそも通常版にこんな穴開いてたかな・・・、ちょっと思い出せないですね。

001

内部の構造は通常版とは違うみたいで、奥のイボの間隔が狭くなってイボも小さくなっていますね。
また、先端に大きなイボが設けられていますが、ペニスを突っ込んだだけではこのイボの存在に気付くことはできませんでした。

一度この先端のイボを確認してからもう一度試して見ると「あ、これか!」みたいなわずかに感じ先端部分の違和感的存在に気付く事が出来るレベルですね。

残念ながら短くしたことによるメリットがあまり感じられないので、あまりオススメ出来るものではなく、値段が一緒なら通常版でいいじゃないと思ってしまいます。

「短くするとロリ的にはメリット」というのをこの前NPGのオナホールで学んだ所なので、どうせなら

LO TENGA

みたいなコンセプトで行った方がおもしr・・・、まぁTENGAは絶対にやらないですよね。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:500円前後
オナ朗のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る