001今回はエンジョイトイズの

「ダブルス まったり母とキツキツ娘」

試してみました。

親子丼的なオナホールですね。 










親子丼
 母親とその娘の両方に、肉体交渉を持つこと。また、一人の女性に、父と息子の両方が肉体交渉を持つこと。
若かった頃は「娘の母親はないわ~」という目線だったのが、年を追うにつれて「母親の親」というシチュエーションも十分にありえるような年齢になってきたので、「そうか、母親とその娘ならありだな・・・」みたいな気持ちに気付いてしまった今日この頃です。

_SL1500_
そんな親子丼的な妄想を一つのオナホールで実現しようとしたのが今回のオナホール。

まったり母☓キツキツ娘の穴くらべ

という2種類の挿入感を楽しめるようなニュアンスのキャッチですね。
低価格で小さめのオナホールであれば、こういう「二種類の挿入感がうんぬん」みたいなものはリバーシブルで作られている事が多いんですが、今回は低価格なのに2穴に挑戦してしまったという所が吉と出るのか凶と出るのかが見どころだと思います。

001

約205gで発泡系の素材になっているので、臭いや油っぽさは若干控えめな感じ。

001

前と後ろ両方にアソコっぽい入り口がついており、TENGAの「ダブルホールカップ」と似た発想になっていますね。
非常によく似た入り口ですが、よく見るとビラビラの大きさに若干の違いがあるので、おそらく大きい方が母で小さい方が娘なんでしょう。

_SL1500_

娘側の穴は上側で小さめのイボ。
母親側の穴は下側で蛇腹タイプの横ヒダ。

娘側の入り口はキツめで、母親側の穴はゆるめに作っているので4種類の挿入感が楽しめますよ、というのが特徴のようですね。

001

ナチュラルに挿入しようとするとどちらサイドからでも母親側の蛇腹ヒダに滑りこんでしまうという仕様です。
なるほど、確かに入り口の穴を変えて挿入すると、入り口がキツかったりゆるかったりと多少の変化は味わえますね。ボリボリとひっかくような粗めのヒダは最初こそは若干キツめですが、慣れてくると安定したヒダのそこそこの気持ちよさの刺激になってくれますね。

上の娘側の穴はちょっと意識してペニスをグイっと上の方に持っていくと入ってくれます。

キツキツ娘

のはずなのに、娘側の穴の方が刺激が低いニュルっとしたような滑らかな挿入感になっていますね。
やはり200gのオナホールに2穴は無理があったのか、肉厚の薄さが非常に気になるような挿入感になっており、母親側の穴の安定感に比べると使えなくはないけど、中途半端な穴に仕上がってしまっているといった印象ですね。

片側の穴が少し中途半端な出来なだけであって、もう一つの方は普通に使えるという意味では★3くらいがちょうどいいかなといった感じですね。2穴が楽しめるというよりかは、「もう一つ刺激の違う穴が邪魔にならない程度についてますよ」くらいのニュアンスがしっくり来る感じです。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:1000円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る