main今回はリクエスト頂きました、RIDE JAPANの

「ロリンコアナルWポジション」

試してみました。

アナル的なオナホールですね。 


前回の「半熟JC」というオナホールでいきなり二重構造素材をぶっ放してきたRIDE JAPANが、続いて発売してきたもの二重構造素材の今回の商品。

_SL1000_

ロリのアナル

という非常に分かりやすいコンセプトですね。

001

Wポジションよろしく、回転させると刺激が変わる!という最近流行りだした左右非対称タイプの構造が採用されています。
こういった左右非対称な構造は前から普通に存在していたはずですが、あえてこの辺をプッシュしていくというスタンスのオナホールがボチボチ増えてきた印象ですね。

001

本体は約294gなそこそこなミドルホールサイズで、表面にデコボコした謎の装飾が付けられているRIDEらしい造形になっています。

ロット差なのかそういう仕様なのかはわかりませんが、いつものRIDE素材より1段階柔らかくなっているような気がしますね。試しにヴァージンループと揉み比べてみたら確かに1段階くらい柔らかい素材なのは間違いなかったので、「オナ郎のオナハンドはここまで感知出来るようになってしまったのか・・・」という謎の喜びを感じている所です。

001
商品説明画像で確認してみると「ベビータッチ素材」という新しい素材に変更していた、という全然面白くない結果でさっきまでの謎の喜びが一気に消滅している所です。

そりゃあ、そうだよね、だって柔らかいんだもの。

001

内部は二重素材で荒々しいヒダが入り乱れている無造作系の構造になっていますね。

001

Wポジションということなので反対側はこんな感じ。
もともとが無造作系の荒い内部構造なので、違うっちゃ違うけどそんなに違うとも思えないというのが悲しい所です。

_SL1000_

こちらが断面図。
「刺激の高いビラビラな腸ヒダとポコポコした腸玉の圧壁」
「絨毯のように敷き詰められた短い腸ヒダと鋭い腸壁の刺激!」
ということで、よくこの断面図でここまで頑張って説明出来たもんだな・・・と感心出来るような説明文が書かれていました。

オナホールを外側から見ただけではどちらが天でどちらが地なのかさっぱりわからないので、何か目印のようなものがあった方が分かりやすいんじゃないか・・・とは思います。

001

ズリズリズリズリ・・・

やけに密着感のある狭めな穴に加えて、細かいヒダがストローク中、どこかしらにずっとズリズリとした刺激を与えてくるというオナホDoTが高めな挿入感という印象が強いですね。
オナホDoT
(オナホールDamege on Time) の略。
瞬間的な刺激を与えるのではなくて、時間経過と共に徐々に刺激を与えるタイプの挿入感のこと。
本物のアナルというのは「入り口が狭めで中がツルツルで奥が若干広くなっている感じ」、というものなので

入り口は特にキツくもなく、内部もズリズリしていてやけに狭い

というはっきり言って真逆なタイプのこのオナホールなんですが、アナルに対する理想のイメージを具現化したような挿入感に近い、と言えるかもしれませんね。
これで入り口が別素材でキュっと締まるような感じだったら最強なのにな・・・と思いました。

001

ひっくり返すと違う刺激!

ということなので、もちろんひっくり返しても使ってみたんですが、

「違うといえば違うけど、よくわからん!!」

というのが正直な感想ですね。
ズリズリ感に多少の強弱が出ているような気がしますが、やはり荒めの無造作系の内部構造でこのコンセプトをやるにはちょっと無謀だったんじゃないかというくらい、わかりにくい天地感ですね。

内部の刺激でいうとズリズリしているだけの、特に目新しさもないような挿入感なんですが、程よい狭さ加減と、内部全体に感じるズリズリ感、素材の柔らかい心地良さに加えて、二重素材による確かなエッジ感と、色んな要素がバランスよく作られているような完成度の高めなオナホールといった感じですね。

上下の挿入感のはっきりとした違いと、入り口のアナル感があれば★5はあったかもしれませんね。

やはり新素材の柔らかさ加減と、内部素材の固さ加減のバランスは「半熟JC」同様非常にバランスが良いので、素材に対する評価がかなり高いですね。
柔らかくても刺激は欲しい!という方にはオススメしやすい、革命的ではないけど実用的で質の高い素材だと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:2500円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る