001今回はリグレの

「うろこほーる」

試してみました。

新メーカーのオナホールですね。 










落ち着いたのか落ち着いていないのかよくわからない頻度でちょくちょく出てくるオナホ業界の新メーカー。
今回はリグレという新しいメーカーのオナホールですね。

_SL1500_

軽く検索してみましたが公式のウェブサイトはまだないみたいですね。

人魚がコンセプトになったオナホールで、いささかパッケージから溢れ出るしょっぱさみたいなものが気になりますね・・・。
人魚的なコンセプトはいいとして、もうちょっと現代っぽいデザインにならなかったんでしょうか・・・。

001

そうだね、


RIDEだね。


どれだけOEMで作るんだと言わんばかりに、最近は色んなメーカーからRIDE素材のオナホがバンバンでまくっており、2014年はRIDEが頑張ったというよりも、RIDEがOEM頑張った年みたいな印象があります。

これだけ溢れかえってしまうと、RIDEにはもうちょっと自分の所の素材を大事にしてほしいと思ってしまいますね。

001

うろこ・・・!?

人魚のウロコというよりは、むしろフジツボに近いような禍々しい内部構造になっていますね。
偶然出会った人魚のウロコがこんなボコボコした質感のウロコだったなら、どんなに美人の人魚でもちょっと引いてしまうくらいの気持ち悪さがあります。

001

断面図がこちら。
面白い構造ではありますが、作り自体はシンプルなので裏返した時とそこまでギャップがないような構造ですね。
ウロコよろしくフジツボ型のイボが入り口付近についていて、奥の方は横ヒダになっていますね。

001

ボコボコ感のある入口付近のイボを通り抜けるといつの間にか安定のヒダに移行していて、イボからヒダへの刺激の移り変わりがシームレスな挿入感になっていますね。

「あれ・・・?イボってこんなに気持ちよかったっけ?」

なんて思いながら入り口付近のイボ具合を楽しんでいると、自然と奥のヒダゾーンで安定の刺激を与えられていったような具合になっていて、シンプルながらも挿入感はわりと新鮮な感じになっていますね。

イボとヒダの融和性が高い

みたいな言い方がしっくりくるようなオナホールで、刺激ポイントがストロークするたびにいつのまにかイボ、いつのまにかヒダと移り変わっていく様が楽しくもあり、気持よくもありますね。

フルプライスでしか売っていないというコスパの悪さを考慮すると、★4くらいが安定しているかもしれませんね。
1000円代なら間違いなく★5のオナホールですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:2100円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る