001今回はNPGの

「膣キツナース 白衣の濡壺診察 MIKU」

試してみました。 

前回に続き、膣キツ的なナースのオナホールですね。 


業界初の新次元製法的なところで、確かにキツめの膣穴を再現してしまった今回のシリーズ。
シリーズで2つ発売しており、前回の「MIKU」に続いて今回は「RIKO」というナースのオナホールになっていますね。

_SL1500_
なんとなくパッケージの女性が「やまぐちりこ」という元AKB的なAV女優っぽいようにも見えたんですが、彼女が引退したのが2年前とかなのでおそらく違う女性なんでしょうね。

女性は化粧や年齢で大きく顔が変わったり、企画女優等名前が知られていない方も数多く存在するので、AV女優を名前の一部と顔だけで探すという行為はTamatoysのパロディホールの元ネタを探すよりも難しく感じますね。

001

昨日のレビューでは触れるのを忘れていたんですが、このシリーズにはチャック付きの袋が付属しています。
GPROJECTの収納袋に比べると作り自体は安っぽいものの、この袋をつけてきたというのはなかなか素晴らしい試みで、収納する時にわざわざ別の袋を用意しなくていいので助かりますね。

ちなみに最近のオナ郎は、手元に置いておきたいオナホールは

001

こんな感じでフリーザーバッグの中に入れて保管するようにしています。
大体横幅が21~22cmくらいのやつを買えば大きめのやつでも収納出来るのでオススメですが、有名な「ジップロック」という商品の中サイズは、横幅が177mmしかないのでちょっと大きめのやつが入らなかったりするので気をつけて下さい。(画像のやつは約22cm)

001

「MIKU」版では筋肉質なモコモコした形状だったのに対して、こちらの「RIKO」はスリムなトルソー型になっていますね。
側面には誰のものなのか結局分からない「RIKO」さんのサインがしっかり刻印されていました。
オナホールにサインまで刻印するくらいなら、女優ホールとして売り出した方が効果的だったんじゃないかと思いますが、そうしないほうがよかったサムシングがNPGにはきっとあるんでしょうね。

素材はシリーズで同じで、少し柔らかめで臭いと油っぽさが若干気になるものが使われています。

001

内部のヒダやイボはかなり控えめな作りになっていて、やはり裏返す時にグイグイと肉を掻き分けなければいけいないくらい狭めの穴になっていますね。

_SL1500_

もしかしたら昨日のやつとそこまで違いがないんじゃないかと思えるくらい似たような断面図で、無次元的なうねりのある狭い穴に細かいイボヒダがついている内部構造になっています。

001

やはり狭さのおかげで密着感の高めな挿入感になっているのはこのシリーズの大きな特徴ですね。

「MIKU」と比べてもほとんど大差のないような挿入感ですが、コリコリしたヒダ感がMIKUよりも少ない、というのとトルソー型の偏った形のせいで真ん中部分が微妙に肉厚の低さを感じるというのが使い比べて時のわずかな違いですね。

そのコリコリ感が少ない為に、ギリギリのバランスでそこそこ高評価だった「MIKU」よりも刺激が物足りなく感じてしまい、ただの狭めなのっぺり気味のオナホールになってしまっているのが残念な点ですね。

トルソーというアドバンテージはあるものの、気持ちよさや肉厚のバランス感で言えば「MIKU」の方が上だと分かるオナホールだと思います。

わずかなヒダの違いや肉厚のバランスで微妙に気持ちよさって変わってくるんだな・・・というのを改めて感じさせてくれた似て非なるオナホのシリーズですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:1300円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る