_SL1000_今回はリクエスト頂きました、PPPの

「マジックフェイス」

試してみました。

フェラホ・・・じゃなくてフェイスホールみたいなコンセプトのオナホールですね。 










※今回はGIFアニメーションがいくつか挿入されていますので、少し記事が重いかもしれませんがそこんとこご了承ください。

基本的にはジェネリックなコラボホールで統一されていると見せかけながら、ちょいちょい新しいコンセプトを間に挟んでくるのがPPPというメーカーで、過去には催眠CDをおまけにつけたり、羊のカバーをつけたり、掃除機をオナホ化してみたりと、オナホールの販売の仕方に対するバリエーションが豊富なメーカーだったりしますね。

_SL1000_
そんなPPPの掃除機ホールよりかはネタでは終わらなそうな臭いがプンプンしているのが今回のオナホール。
フェラチオホールではなく、

顔全体を再現してしまった

という、かなり面白いオナホールになっていますね。

昔にこれと似たようなコンセプトのオナホールがあったな・・・と思って調べてみると、トイズサカイから「Candy Face」という商品が発売されていたみたいですね。

image3
Candy Face(リンクはAmazon)

こわいよ

レビューしていないのでどんなものかは分かりませんが、重量が今回のものと比べて約3倍ですからね。
最近のトイズサカイにはこのくらいの遊び心あったあの頃の気持ちを思い出して頂きたいですね。

001

「KISS☓800」というゲームらしきCDROMが付属していました。
これは「ペロ×2オナホ」的な「ゲームとエロ絵との中間のようなオカズ」なのかなと思ってがっつりインストールしてみると・・・

00

「はじめから、つづきから」から漂ってくるガッツリ系のゲーム臭。

オナホのレビューだけでさくっと終わりたいのにがっつりゲームまでしなければいけないのか・・・と思いながらプレイしてみると案の定台詞多めのしっかりとしたゲームでした。

001

7人の女の子から一人を選ぶ、という選択肢からパッケージの女の子を選び、台詞スキップしまくって3分くらいでキスまでたどりつく事が出来ました。

やけに長いキスシーンをスキップしまくってとりあえずこの後に来るであろうフェラチオシーンだけ見て終わるか・・・と思ったら、何事もなくキスだけで終わってしまう悲しさ。

002

その後もスキップしまくって2分くらいで念願のフェラチオシーンまで到達しました。
ちなみに最近のゲームでよくあるようなアニメーションではなく、絵がパラパラと切り替わっていくだけのゲームになっていますね。

もはやオナホールのおまけとは思えないくらいのがっつりとしたテキスト量になっているので、エロゲ好きの方ならそこそこ楽しめるかもしれませんね。


このボリューム量なので、おそらくこのゲームがまるごとオナホールにおまけとしてついているんだと思います。

おまけなんていらないからその分安くしてくれ!!

とも思うんですが、最終的なnkpを見てみると4.1という比較的安めな数字に収まっているので、この分で高くなっているというわけでもなさそうですね・・・。

本当の意味でのおまけ程度に楽しみましょう。

001

メデューサに石化されてしまった感の否めない感じはきっと目が描かれていないからだとしても、これはなかなかの素晴らしい造形っぷりになっていますね。

ちなみに自立するとばかり思っていたこのオナホール、手を離すと・・・

majicface
GIFアニメーションです。(読み込みに少し時間がかかるかもしれません)

このようにスッテンコロリン転がってしまう始末だったりします。
頭に肉厚が偏りすぎて少しバランスが悪くなっているのかもしれませんね。

_SL1000_

イメージ画像ではしっかりと自立しているかと見せかけているような絵だったので、

「コケるんかい!!!」

と思わずツッコまざるを得ない感じでした。
きっとこの写真撮影時には裏から手で抑えて、フォトショップでその痕跡をキレイに消し去っているに違いありません。

ちなみイラストを描いているのは成年コミック作家の「みなすきぽぷり」さんみたいですね。
この方は過去にもいくつかオナホパッケージのイラストを描いているのでオナホールとは関わりの深めな作家さんです。

majicface2
GIFアニメーションです。(読み込みに少し時間がかかるかもしれません)

グイっと首元をつかむと非常に苦しそうな表情を見せてくれるので、おもわずビンタしたくなってしまいました。

どちらかというとMなオナ郎でもビンタしたくなるほどのクオリティ

と言えば、この造形の素晴らしさが少しでも伝わるかもしれません。

001

口の中には四角形の穴がもう一つあいており、あまり口内はしっかりと再現されていないような感じですね。

_SL1000_

さすがに裏返せそうにないので断面図がこちら。
断面図で見てみると。内部はイボやヒダといったような造形なのでやはりフェラチオホールというよりも、顔の形をしたオナホールといった表現の方が近いかもしれません。

リアルなそれと同じで喉元に沿って穴が空いているはいいですね。

majicface3
GIFアニメーションです。(読み込みに少し時間がかかるかもしれません)

挿入しているこっちまでえずいてしまいそうになるくらいの臨場感。

今までのフェラチオホールにはなかった「フェラをさせている」という感じがもの凄くあり、こんな白目を向いた造形ではありますがフェラチオの想像を加速させるには十分な出来になっていますね。

「おらおら!こっちを見てしゃぶれ!!」

と言わんばかりに、多少上目遣いにさせて挿入すると一番それっぽくていい感じなんですが、穴がグイっと下に向かって付いているために、あまり上を向かせるとペニスの根本に負担がかかりストローク感が悪くなってしまいますね。

内部はやはりフェラチオっぽさのない挿入感で、コリっとした弾力のあるヒダが内部で1~2箇所ひっかかるくらいの刺激になっており、イボっぽさはそこまでザラザラとは感じてこないですね。
それなりに刺激はあるけど、気持ちいいかどうかは少し微妙な所で射精に到達するまでにかなりの時間腰を振り続けなければいけないくらいでした。

咥えさせてから自ら腰を振るもよし、頭を掴んで本体を動かすようにしてフェラチオさせるもよしと、フェラチオ感を出す為には内部構造をあれこれこだわるよりも、頭を付けてしまえばそれっぽくなるんだ、という事実を発見出来たような気がします。

オナホールとしての気持ちよさで言えば★3くらいの使い心地なので★5をつけるほどオススメ出来るというものではありませんが、大いに楽しめるフェラチオの臨場感を考慮すると★4くらいはつけたくなるオナホールですね。

この前レビューした「ぷにあなSPDX」にこの頭部がついていたらパーフェクトな出来だったんじゃ・・・と思って加工してみた画像がこちら。

001

これ・・・しっかり作ったら凄い事になるんちゃうんか・・・

次のトレンドは頭部付きトルソーで決定ですね、なんていう適当な事を言って業界を煽るだけ煽っておきましょう。

値段も凄い事になりそうでゴザルよ、ニンニン。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:5400円前後
nkp(1g当たりの値段):4.1円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16DMMで詳細&レビューを見る

22_16x16NLSで詳細&レビューを見る