canpas1今回はトイズハートの

「キャンパスライフ~清楚系~」

試してみました。

キャンパスライフ的なオナホールですね。 










ボルドー姉さん」以来ヒット作らしいヒット作もなく、過去の栄光は何処へ行ってしまったのかというくらい低迷を見せている最近のトイズハート。
新作が出るたびに「今度こそは頼むぜ!トイズハート!!」という気持ちでレビューしているんですが、なんていうかチャレンジしていないというか無難なオナホールに収まってしまっている感じですね。

canpas1

今回はキャンパスライフという事で大学生的なオナホールになっており、トイズハートのパッケージや名前の傾向はシンクロ率よりもキャラクター設定重視な事が多いですね。

イラストを描いているのは成年コミック作家の「さいだ一明」さんで、「最近聞いた事がある名前だな・・・」と思ったら少し前にレビューした「だいしゅきホールド」というオナホールでもさいだ一明さんがパッケージを描いていましたね。

bb226158
だいしゅきホールド|みんなの憧れ「だいしゅきホールド」が遂にオナホに!?

今回のパッケージはどちらかというとアニメ塗りのようなイラストになっていて、淡い感じの色調も悪くはないんですが、「だいしゅきホールド」程のパッケージの破壊力はなくなってしまっているように思います。

001

入り口付近に少し肉厚が付けられた細長い感じの本体で、重量は約283gとトイズハートが得意とするミドルホールですね。
素材はフレッシュスキンという少し固めで臭いはほぼなし、油っぽさは控えめながらも少しはあるくらいの素材ですね。

001

トルネード状の大きいコブのようなヒダに加えて、浅めのヒダや小さいイボがコブに添ってついているような構造になっています。

_SL1000_

からみつく高刺激

というのが今回のコンセプトのようで、トルネードのヒダの部分でからみつき具合を表現しているようですね。

001

このやろう!!ほんとに絡みついてくるじゃねぇか!!!

というくらい、真ん中部分のトルネードヒダがぐねぐねと亀頭に絡みついてくる刺激は、多少大げさに表現すれば超絶に長い舌でペニスを巻き取られながらストロークされているようなそんな挿入感になっていますね。

内部はイボイボしくもヒダヒダしくもないザラザラとした感じで、真ん中部分のトルネードヒダが仕事しすぎている分、ベースとなる壁部分の刺激は少し控えめ気味に感じます。
トルネード構造はどちらかというとわかりにくい挿入感になることが多いんですが、ここまではっきりとスクリュー感が出ているオナホールもなかなかなく、なおかつ気持ちよさも両立している様はかつてのトイズハートレジェンドを彷彿させるようなバランスの良さですね。

どちらかというと刺激寄りな刺激なんですが、お尻がピクついてしまう程の高刺激でもなく、ほどほどなバランスになっているので、レベル4くらいの刺激が好きな方にはちょうどいい刺激具合になっています。

ここ最近のトイズハートのラインナップの中では間違いなく一番出来のいいオナホールで、絡みつくようなしっかりとしたトルネードのヒダを味わいたい方にはなかなかオススメ出来る商品ですね。

ここまでベタ褒めしといてなんですが、★5か・・・?と言われるともう一歩気持ちよさの面で足りないような印象なので、会心の★4をつけておきたいと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:2400円前後
nkp(1g当たりの値段):8.2円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る