001

レビュー回数1300回記念!!

という事で、あっという間に1300回のレビューを突破してしまった記念として、毎度の如くオナ郎が節目節目に何かをやらかす企画のコーナーです。

今回はリクエストでもいくつか頂いていた、かの有名な「冷えピタオナホ」 に挑戦する回ですね。
冷えピタオナホ

656165

額に貼って熱を冷ます為のアイテム「冷えピタ」を水につけてうん時間おいておくと、オナホールに変身するらしいという、都市伝説的なサムシング。
冷えピタ水に浸してたら予想以上にオ○ホだった」というまとめで話題になったのが事の発端なんでしょうか。

正しい作り方や概要を調べる為に「冷えピタオナホ」で検索してみても、「試したったwww」的な記事しか上がってこず、困ったな・・・といった感じなんですが、内容を見る限りでは

STEP1:冷えピタを水で数時間つけておく

STEP2:水を吸収した冷えピタがプルンプルンになる

STEP3:完成\(^o^)/


という非常に簡単な方法のようですね。

ただ、いくら検索しても「作ってみた」という結果しか上がってこずに、実際に使ってみてどうだったのかみたいな記事が一切見つからない始末で、限りなく不安な気持ちで一杯です。

作ってみよう

001

とりあえず前日に近くの薬局まで買いにいったら「熱さまシート」しか置いていないというめんどくさい事態。

「冷えピタオナホなんだから、冷えピタを買わないと駄目だよな・・・」

なんて思いつつも店員に「冷えピタ」が置いてあるか聞こうか迷ったんですが、「こちらです~」なんて言いながら熱さまシートまで案内された時に、一体どうして冷えピタにこだわる必要があるのかをうまく誤魔化せる自信がなかったので、諦めて次の薬局に行ったら無事に置いてありました。(470円くらいだったと思います)

001

中にはこんな感じのシップの入れものみたいな袋が入っていますね。

001

こちらが本体の冷えピタ。
なんというか、なんの変哲もない熱冷ましの為のシップっぽいシートですね。

001

水を入れたコップの中にぶち込んでみました。
どれくらい置いておいたらいいのか分からなかったので、とりあえず長時間つけておけばいいんだろう、という事で前日の夜からずっと漬け込んでおき、大体17時間くらい経った所で取り出してみました。

001

ふわとろ素材なんて目じゃねぇぜ!!!!

というくらい未だかつて無い程のプルプル感のある柔らかいオナホ的なサムシングが出来上がりました。

ただ・・・触っただけで崩壊しそうなくらい柔らかすぎる素材感に

「これはアカンかもしれない・・・」

なんて思いながら触っていると・・・

hiepita
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

見る見るうちに崩壊してしまう始末

001

「らめぇぇーーーー」と言ったか言わないかの間にあっという間に崩壊してしまい、およそオナホとしては使えない程の見るも無残な姿に変身してしまいした。

001

oh...

いつもの撮影スペースがスライム状のサムシングに占領されるという不測の事態なわけですが、分かったことはただひとつ。

冷えピタを17時間水に漬けておくと崩壊する

という事ですね。

オナホ動画.comよろしく、動画でその様をご覧になりたい方はこちら。









時間に気をつけながら作ってみよう

001

~とりあえず30分後。

微妙にジェルの部分が膨らんできた感じですが、まだまだオナホ化出来る段階ではなさそう。
というよりもすでにプニプニ感が半端なさすぎて頼りなさすぎる素材感に、

「本当にこれはオナホとして使えるんだろうか・・・?」

という気持ちで一杯です。

002

~1時間弱後

いい感じに膨らみが出てきましたね。
ただ、オナホとしてはまだまだ未熟な感じに見えます。
もう少し成熟するのを待ってみましょう。

003

~2時間半後

おっ!!

これいけるんじゃね!!!??

ある程度触ってみてもドロンドロンに崩壊してしまう事もなく、むしろここらへんがギリギリ限界ラインな柔らかさのような感じですね。

後はこれでどうやってペニスを刺激するのかという問題なんですが・・・

001
本当であれば、明らかにオナホライクな縦方向から挿入してみたいのはやまやまなんですが、シートが逆方向に反ってしまっている為に、これを裏返して使うには少しサイズが足りなさそう・・・というか完全に足りない感じですね。

なので、横方向にして多少小さめなオナホールとして使ってみるのが一番しっくりきそうな方法です。

使ってみよう

001

なんか冷やっとする

普通のオナホよりも明らかに清涼感のあるクールな触れ心地で、ちょっと心地よいまである始末ですね。
ヌチョンヌチョンのプルンプルンな挿入感はまるでゼリーの中にペニスを突っ込んでいるような挿入感になっていて、さすがにヒダやらイボやらの刺激こそはありませんが

究極のまったりオナホ

と、言えるくらいのスーパーふわとろホールな感じですね。

001

「こ・・・ここ・・・これがオナホなのか・・・!」

という亀じいさんの勘違いはさておき、これはオナホじゃなくて冷えピタでした。

001

さすがにしばらくストロークしていたら崩壊してしまったので、耐久性は恐ろしい程に低い感じですね。

また、3分程ストロークしていた所で

チンチンの裏ががだんだんヒリヒリしてくる

という洒落にならなさそうな異常シグナルがだんだん強くなってきたので、長時間の使用はやめておいた方がよさそうですね。









冷えピタオナホまとめ

  • 一晩も水に漬ける必要はなく、大体2~3時間で十分
  • 縦に使うのではなく、横にして巻くように使うしかない
  • 究極のふわとろオナホールといっても過言ではないくらいのドリュンドリュンにとろけた挿入感はある
  • しばらく使っていると本当にとろけて崩壊する
  • ものの数分でチンチンの裏がヒリヒリしてくる
また、この使い心地で思い出すのは数年前に試してホットパワーズの「空笑幻視-スモーキングファントム-」と非常に良く似た挿入感だと思いました。

171ca8c1
空笑幻視-スモーキングファントム-|宇宙一柔らかいオナホールの改良版は果たして使いやすくなったのか

本当にとろけてしまう当たり、スモーキングファントムよりかは柔らかいので、宇宙一柔らかい称号は冷えピタオナホに軍配が上がると思いますが、実用的にスーパーふわとろオナホールを使いたかったら冷えピタオナホを作るよりも、スモーキングファントムを買う方がチンチンの裏がヒリヒリする事もないのでいいと思いますね。

オナホデータ

[まったり系]□□□□□[刺激系] (5段階:宇宙一)
ショップ平均価格:300円前後
冷えピタオナホ1個当たりの値段:21円前後
オナ郎のオススメ度:やめとけ(5段階評価:^o^)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る

おまけ

本来ならこれで終わる予定だったんですが・・・

他の種類の熱冷ましのシートを使って作るとどうなるんだろう・・・

なんていうレビュー魂に火がついたんだからしょうがない。

001

冷えピタを水につけている待ち時間の間に、もう一度同じ薬局に行ってあるだけの類似品を購入してきました。
レジまで持っていくと昨日とまったく同じ女性の店員がレジに立っていて、なぜかアダルトグッズを買う時くらい緊張したのはここだけの話です。
また、「ポイントカードはお持ちですか?」と言いながらの微笑みが、

「こいつどんだけ冷やしたいねん!」

という笑いをこらえる為の微笑みだったのかどうかの判断が非常に難しい所でした。(ちなみにどちらも470円くらい)

001

熱冷却ジェルシートの本体がこちら。
冷えピタのように青い色がついていないのが特徴的ですね。

そして3時間程つけ込んだ後のジェルシートがこちら。

001

なんか冷えピタよりもしっかりしてる!!しかもデコボコ付!

今にも崩れ去りそうだった冷えピタオナホ3時間のものよりも、ある程度乱暴に触ってみても崩れてしまわないくらいしっかりとした出来な上にデコボコまでついている造形になっており、まさかの冷えピタの上位互換という驚きの事実ですね。

「誰や!!冷えピタとか言ったの!!」

001

多少のデコボコ感があろうがやはり素材が柔らかすぎるので刺激みたいなものはほとんどありませんね。

また冷えピタに比べて熱冷却ジェルオナホの方が型くずれしないくらいしっかりしているのである程度強めに握ったりコスったりしてもドロンドロンに溶けてしまう事はありませんでした。

型くずれせずにしっかり使えるようになってしまうと、ここで気になるのが横向きにした時のシートの短さですね。
どうしてもペニスがすっぽりと収まるような長さではなくて、2/3くらいしか包めていないので

冷えピタよりもしっかり使えるだけに物足りなさを感じてきた

という感じです。

なんていうか、実用性が増した途端にいつものレビュー眼が復活してきた感じですね。

001

熱さまシート冷感ツブ配合の本体がこちら。
3つの中で一番濃い色が出ていて、なんだか粒みたいなものが点々と見える感じですね。

001

3つの中で一番しっかりしているような出来で、プルンプルンな触り心地に加えて弾力まである感じですね。

001

使用感は熱冷却ジェルと大体同じ感じ、こっちの方がやけにひんやりしているような気がします。
刺激はほとんどゼロに近い感じですが、亀頭らへんに上手にフィットした時は心なしか淡い刺激のようなものも仄かに感じられますね。

ただ、

あと半分だけでも長かったらなぁ・・・

という使用感の悪さがどうしても気になる点で、ふわとろを超えるゼリーのような触り心地は悪くないので使用感だけがどう頑張っても最悪な感じですね。

また、冷えピタでは使用中にドロンドロンに溶けてしまったのでチンチンの裏側に早くも異常シグナルが出てしまいましたが、熱冷却ジェルシートと熱さまシートはどちらも10分くらいしごいていても異常シグナルみたいなものはチンチンには現れませんでしたね。

最後のまとめ

  • 「冷えピタ」はドロンドロンに溶けてしま為にオススメ出来ない上に、チンチンがやばい
  • 冷えピタオナホは「熱冷却ジェルシート」か「熱さまシート」を使うとそれっぽいのが出来る
  • 気持ちよくはない
  • しかしふわとろ感はある 
  • 短すぎてまともに楽しめない 
001

誰が言い出したかは知りませんが

明らかに一番使えない「冷えピタ」を語感の良さだけで「冷えピタオナホ」と命名した罪は重い

ですね。

これからは

「熱さまシートオナホ」

と、どうか覚えて頂きたい所です。

オナホデータ

熱さまシート
[まったり系]■□□□□[刺激系] (5段階:1)
ショップ平均価格:600円前後
熱さまシートオナホ1個当たりの値段:49円前後
オナ郎のオススメ度:(5段階評価:1)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る