001今回はリクエスト頂きました、トイズハートの

「セブンティーンボルドー ソフト」


試してみました。

かの有名な「セブンティーンボルドー」のソフト版ですね。










2012年を代表とする名作ホール「セブンティーンボルドー」

_SL1500_
セブンティーンボルドー|単純な刺激系ホールに対するアンチテーゼ的存在

オナホ動画.com内のランキングではもちろん、Amazon内での年間ランキングでもトップの座を守り続けていた定番中の定番ホールといえばもちろんこの方ボルドー姉さん。

残念ながら「2015年のAmazon内年間ランキング」では「ヴァージンループハード」にトップの座を奪われて残念な結果となってしまいましたが、よく考えたらボルドー姉さんが発売されたのは2012年で「え、そんなに前なの??」と改めて思ってしまうくらいのオナホールなので、新しい勢力にどんどん淘汰されてしまうのも仕方のない月日が流れてしまっていますね。
_SL1500_
最近のトイズハートの不調っぷりを見ていると、「この大本命なセブンティーンシリーズの続編をもう少し早い時期にリリースしてくるのでは?」なんていう予測をしていたのですが、約2年半もリリースしてこなかったのはやはりトイズハートとしての地力が成し得る我慢強さなのかもしれません。

こうして素晴らしいオナホールの続編、あるいは仕様変更版が発売されるのは大変喜ばしい出来事なのに、どこか心の底から喜べないのはおそらく「ゲーム業界の続編現象」と似通ってきているように感じるからなのかもしれませんね。

企業からすれば売上が確実に見込める「続編」をリリースしてくるのは至極当たり前の事で、ユーザーからしても期待値がほどほどに高いので安心して購入出来るというWINWINな関係にあるはずなので、続編ものが悪いというものでは決してないんですが、やはりオナ郎としては

安定した続編よりもイノベーションのあるオナホール

で、驚きと感動を与えて欲しいと思ってしまいます。

001

本体は約248gで重量や造形なんかもボルドーとほぼほぼ同じなオナホールですね。
多少の色味の違いと、やはりソフト版という事なのでボルドーよりも圧倒的に柔らかい素材が使われているというのが特徴です。

borudosoft
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

いわゆるふわとろ系のオナホ素材程とろんとろんに柔らかいわけではないんですが、ふわとろ一歩手前くらいのかなり柔らかめの素材が使われており、少しコシのようなものが感じられるのはおそらく発泡系素材の為でしょう。

臭いはほぼ無臭で、油っぽさもほどほど~少し控えめくらいに抑えられていて、素材としてのクオリティはかなり高めですね。

001

内部はセブンティーンシリーズよろしく、今回も二重構造になっていますね。
触ってみた感じだけで言えば「外側の素材よりも少し固いかもしれない・・・」と先入観で思ってしまうんですが、実際の所はどうなのかはちょっとよく分からない感じですね。

001
こちらが断面図の比較画像。
内部は全く同じで素材だけ変えてきた感じだと思います。

オナ郎ストックの中にセブンティーンボルドーはまだ残っていたので裏返して素材の違いをじっくりと比較してみたんですが、どうも内部素材の固さの違いがそこまでないような気がします。
外側の素材は二段階くらい柔らかくてはっきりとソフト版だと分かる感じですね。

001

細けぇ事はとにかく、とりあえず使い比べてみれば違いが分かるだろう

という事でとりあえずソフト版にズボっと挿入。

「や、優しいな・・・」


というのが第1印象な挿入感でバキュームの効いたソフトな素材が締め付けるわけでもなく全体を包み込むようなペニスとフィットしてくる様が優しさを感じる挿入感になっていますね。

小さいツブツブのイボの感触もしっかり伝わってきて、セブンティーンシリーズ独特のポコポコとしたうねりも健在で、それでいてソフト版の名に恥じないくらいのしっかりとしたソフトな挿入感は、セブンティーンボルドーで刺激が少しきつかった層にはばっちりとハマってしまうくらいの間違いのないソフトなオナホールだと思います。

ペニスとの密着感が非常に高くて亀頭がコスれている時間がに長いので、ソフトな挿入感ながらも刺激の方もしっかりとしており、満足感のある射精を迎える事が出来ました。

セブンティーンボルドーと比較

001

さてノーマル版の方との違いを知る為にボルドー姉さんの方にもズボっと挿入。
めちゃくちゃ久しぶりに挿入してみた感想としては、

001

「ソフトの方が気持ちいい・・・」

あれだけ絶賛していたボルドー姉さんですが、こうして2つのオナホールを交互に使い比べてみると、ボルドーは少し固いのでキュっと締まるようなホールド感こそしっくり来るんですが、ちょっとタイトすぎてポコポコとしたうねりが少し感じにくく、さらには刺激が強すぎるように感じてしまいますね。

その点ソフト版の方は内部のポコポコ感も程よいアクセントとして働いていて、イボのザラザラした壁も刺激のアクセントとしてうまく調和されているような挿入感なので、どちらかというとまったり気味なオナホールの方が好きなオナ郎としては

完全にソフト版に軍配が上がってしまう

感じです。

内部素材にはそこまで違いがなくても、やはり外側の素材が変われば完全に別物の挿入感になるというのを改めて思い知らされてしまいました。

セブンティーンボルドーを使ってみたはいいけど、刺激の強さ加減が合わずにイマイチに感じた方には是非ともソフト版をオススメしたいですね。

オナホデータ

[まったり系]■■□□□[刺激系] (5段階:2)
ショップ平均価格:2600円前後
nkp(1g当たりの値段):10.6円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★★(5段階評価:5)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る
22_16x16大人のおもちゃ通販大魔王で詳細&レビューを見る