_SL1500_今回はリクエスト頂きました、キテルキテルの

「ポンコツガーディアンLv2 雪女 ヒダ襲来! ふわとろ蕩ソフトタイプ」

試してみました。

前回に引き続き、キテルキテルの新シリーズですね。 


ポンコツガーディアン

という事で、新たに始動したキテルキテルの新しいシリーズ。
ポンコツ気味なモンスター娘をコンセプトにしたオナホールという事で、Lv1から始まりLv2まで同時に発売されているので、今回はその片割れのLv2のレビューになります。

_SL1500_

前回の鬼娘に続いて今回は「雪女」がコンセプトになっています。
あまりも武装錬金しすぎていて「雪女」と言われないといまいちピンと来ないように見えてしまうのは、オナ郎の雪女のイメージが古すぎるだけなんでしょうか。

「アーマーブレイク仕様」という大層な名前まで付けてしまっているので、従来の雪女のような白い着物だけではアーマーブレイク感が出ずにこんなヒーロー的なコスプレを雪女にさせてしまったのかもしれませんね。


001

二重になっている紙の部分をペラリと上方向に持ち上げると裸になった雪女が姿を表してくれるという寸法です。
いいですね、こんな素敵なダンジョンがあるなら多少の危険があろうともレビューをお休みにして攻略しに行きたい所です。

001

重量は約408gとそこそこな大きさのミドルホール。
「SPソフトTPE素材」という省略文字が多すぎてなんだかイメージしにくい名前の素材が使われており、「半熟サキュバスピンク2」の「魔改造ソフトTPE」という素材と似たような質感なので、もしかしたら名前だけ違う同じ素材なのかもしれませんね。

あまりハリみたいなものがないねっとりとした柔らかい素材で、似たような素材感のものがあまりない独特な感じの質感なんですが、油っぽさが半端ないというのと、

なんだかすっごく変な臭いがする・・・

という特徴を持っている諸刃の剣な素材ですね。

001

決してキテルキテルのイメージダウンを図ろうとして言っているわけでも、無理やり笑いを取りにいく為に必死に例えようとしているわけでもなく、

「おじいちゃんの口臭の臭い」

そのまんまな、なんだか分からないけどテンションの下がる臭いが漂ってきますね。

幸いな事に、特徴的すぎる臭いではあるものの、臭いそのものは鼻を近づけて嗅がない限りはそこまで強烈に漂ってこないので使用する分にはそこまで影響が出ない感じなんですが、とにかくオナホールにしては異質な臭いというのは間違いないですね。

001
雪姫の花弁(ラビア)は六華繚乱!!(アスタリスク・ストーム)
という事で入口から見える内部形状はどうやら雪の結晶のようなものをイメージして作られているみたいですね。
この感じは、ホットパワーズの「触手裏剣」とかなり近い構造になっているんじゃないかと思います。

001

内部はびっしりと詰まった横ヒダの連続に加えて、長い縦ヒダがヒネリを加えて付けられているような構造になっていますね。
「触手裏剣」との大きな違いはこの「ヒネリ」の部分と、一番奥の部分が小さいイボのゾーンになっている・・・はずなんですが、あまりにもイボが細かすぎて気泡が入りまくってしまっており、ほとんど壊滅している悲しい状態でした。

ここらへんをキレイに出せるかどうかがメーカーではなく、作っている工場の技術力の違いですね。

_SL1500_

特徴的な内部構造なので、断面図で見てもそこまで印象に違いはないですね。

001

最終奥義「氷鏡結界(トリシューラ)」

なんて格好良く付けてしまった部分がほぼ潰れてしまっている始末で、なんだかこっちがこっ恥ずかしい気持ちになってきちゃいますね。

001

5分間茹でた後のうどんを大量にオナホールに投入したかのような独特なねっとりとした挿入感になっており、長い縦ヒダの一本一本がペニスに絡みついてくるような感じですね。

螺旋感もなんとなくですが伝わってきて、横ヒダの安定した気持ちよさに加えて立体感とひねりが加わったような見た目通りのクオリティの高い挿入感だと思います。

001

特徴的というか、良くも悪くも仕事しているのがこの奥の部分
ぽっこり空いた空洞のようなゾーンになっており、前半の強烈なヒダの刺激を逃れる事の出来るスポットのような役割を果たしています。

前述した通りイボが潰れまくっていたのにもかかわらず、ポツポツとした小さいイボ感みたいなものもしっかりと亀頭の先端で感じ取る事が出来たので、休憩しながらも一応刺激みたいなものも感じ取れる悪くない構造なんですが、この休憩スポットがわりと広めに作られている為にロングストロークをした時に一番気持ちがいいあろうヒダの部分が少し短く感じてしまいますね。

ヒダ部分がかなり高刺激寄りのゾリゾリとした挿入感になっているので、それから逃れようと深めにストロークすると肝心な内部構造を100%楽しめないような作りになっているので、どうしてもオナホールの良さをしっかりと味わおうと思った場合浅めにストロークせざるを得ないので、せっかくの肉厚ロングなオナホールの良さが少し殺されてしまっているように感じてしまいますね。

また、「触手裏剣」と違ってオナホールを回転させて使った場合、あまりひっかかりがなくて面白くない感じだったので、回転系の動きは少し不向きな感じですね。

触手裏剣」系の確かな気持ちよさはそのままに、独自の進化をさせてきた完成度の高い内部構造は★5をつけるに値する出来だったんですが、挿入感だけで言うとやはり先ほどの「浅めのストロークを強いられてしまう」ような作りになっているので、総合的なオススメ度としては★4くらいで収めておきたい感じです。

ストローク中にたまに口臭の臭いが漂ってきてテンションが下がるシーンもあり、素材的にも★5を付けるにはもう少し改良して欲しい所ですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:2400円前後
nkp(1g当たりの値段):5.8円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る