001今回はトイズハートの

「いいなりウェイトレス」

試してみました。

前回前々回に引き続き職業的なシリーズのオナホールですね。 


オナホの冬に3つも同時に発売してくれるトイズハートに圧倒的感謝な今回のシリーズ。

001
巫女、スチュワーデスに続いて最後となるのはウェイトレスのオナホールですね。
さすがに3つ目ともなると書くこともなくなってきたのでサクっとレビューしてしまいましょう。

_SL1500_
メイド的なオナホールは数あるジャンルの中でも比較的上位に食い込んでくるくらい数多く作られている印象ですが、ウェイトレスのオナホールはあまり見かけない感じですね。

「ごっご注文は私でよろしかったでしょうか?」

なんて言ってくれるウェイトレスが、風俗的な場所以外に存在するとは思えないので、きっとこのオナホールもそういう風俗嬢的な感じの女の子なんだと解釈するとより身近な存在に感じれるような気がします。

001

シリーズで全て同じ型が使われているので、重量もシリーズでほぼほぼ同じな約235gとなっていますね。

001

内部は入り口から縦ヒダが続いており、後半部分は横ヒダ形状になっています。

001
断面図で見てもそこまで大きな印象の違いはありませんね。
一応入り口付近にはGスポット的な場所に大きめのイボの塊がついている構造となっています。

「縦ヒダ系に当たりなし」

という今適当に考えた名言くさい台詞があるように、過去経験からしても縦ヒダ系はあまり気持ちよくないオナホールが多かったので少し不安ですね。

001

う~ん・・・。

やはり懸念していた通り前半部分の縦ヒダ形状がほとんど快感の手助けになっていないようなツルツルとしたになってしまっていますね。
一応そういったツルツル気味な挿入感の中にも「縦ヒダが一応ついているような気がする」程度の縦ヒダの存在感は分かるといえば分かるんですが、どこにひっかかってくるわけでもなく、特別気持ちいいというわけでもない諸行無常気味なアクセントとなってしまっています。

内部はかなり狭いので密着感の高さと、奥の横ヒダ部分のおかげで亀頭への刺激はそれなりに与えてくれるので射精までの道のりはそんなに難しいものではありませんでしたが、気持ちよさとしては今一歩なオナホールといった感じですね。

シリーズまとめ

巫女:有機的な構造でちょっぴり複雑なヒダ
スチュワーデス:鉄球をイメージさせるようなゴリゴリとしたヒダ
ウェイトレス:ツルツル気味な縦ヒダと奥の横ヒダ

シリーズを通して内部構造に大きな違いがあったのは良かったんですが、はっきりとオススメ度に違い出てしまうくらい内部構造に当たり外れがあるシリーズですね。

スチュワーデス>>巫女>>ウェイトレス

シリーズ内でオススメ出来る順番としてはこんな感じ。

スチュワーデスはゴリゴリとしたイボが心地よく余裕の★4。
巫女は複雑気味なヒダで無難に★3。
ウェイトレスは縦ヒダ構造の空気感がいまいちな感じなので、★2くらいがちょうどいいサジ加減だと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:2300円前後
nkp(1g当たりの値段):9.6円前後
オナ郎のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16DMMで詳細&レビューを見る