_SL1000_今回はリクエスト頂きました、RIDE JAPANの

「ナースのギチギチ挿入感ロング」


試してみました。

ナース的なオナホールですね。 










RIDE JAPANの新作自体は約1ヶ月ぶりなのに、OEMのRIDE製商品が世の中に溢れまくっている為に、なんだか週に1回くらいはRIDE素材のオナホールを使っているような感じで、新作が出たとしてもそこまで新鮮味を感じなくなってきてしまいました。

_SL1000_

RIDE JAPANのナース系オナホールといえば「ナースのCQ挿入感」がぱっと思いつきますが、今回はCQではなくて「ギチギチ挿入感」に変更されていますね。
ぶっちゃけいうとRIDEのCQ系のオナホールはオナ郎とあまり相性が良くないので、CQ挿入感の続編ではなくてちょっとほっとしていたりするのはここだけの話です。

001

重量は約360gの少し大きめなミドルサイズなオナホールとなっており、RIDE特有のやけに禍々しい模様のようなものは今回も入っておらず、ツルンとしたシンプルな造形になっていますね。
「洗いにくいぞ!!」みたいな声がいくつかあったので、今後のRIDEのオナホールはこういった感じのシンプルな造形で統一していくような流れなのかもしれませんね。

素材はヴァンジータッチ素材で、少し柔らかめの臭いと油っぽさはほどほどな素材が使われています。

001

内部構造は2015年くらいから一気に見る機会が増えた山脈系の縦ヒダ構造となっていて、一つ一つの縦ヒダに横ヒダがつけられている感じですね。

001


断面図で見ると、その山脈系縦ヒダが入り口付近にぎっしりと詰まったような構造になっているのが分かりますね。
左右非対称に作られており、片側は縦ヒダが奥の方まで届いており、反対側はイボっぽいものがついている構造になっています。

001

「いや・・・まぁこの構造で気持よくないわけがないよね・・・」という大方の予想通り、普通に気持よかったわけですが、なんていうか期待を超えるような素敵すぎる挿入感なわけでもなかったというのが正直な所ですね。

縦ヒダの立体感はしっかりと出ている上にグネグネと動くその山脈ヒダがランダムな肉厚の変化を与えてくれる上に、横ヒダのゾリゾリとした安定の刺激も加わっているので、基本的なオナホールに必要な素敵要素はしっかり抑えてきている感じですね。

素材自体はそれなりに柔らかいものが使われているので、ギチギチ挿入感という程キツく感じるような内部の狭さではありませんが、柔らかさのわりには亀頭への密着感がしっかり出ているので刺激レベルはレベル3よりも若干高めなバランスになっています。

縦ヒダが終わった奥の方にもザラっと刺激してくるようなイボの刺激も備わっているので、全体的にも非常にバランスが取れたオナホールだと思います。

欠点らしい欠点といえば奥までググっと挿入した時に、底が少し厚めになっている為に横方向に多少ズレてしまうことがあるくらいなので、手で補助してあげれば特に不便を感じるようなストローク感でもないですね。

「1年前だったら★5をつけていただろうなぁ・・・」

という気持ちが非常に強くて、今使ったからと言って決してマイナス要素があるわけではないにしても、山脈系の縦ヒダの刺激に慣れてきてしまったオナ郎のスレたペニスが★4を付けたくて仕方ない感じの評価になってしまいますね。

やっぱり★5が出るには経験値を年々積み重ねているオナ郎の期待を超える素敵要素が必要・・・という事なのかもしれません。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格: 1900円前後
nkp(1g当たりの値段):5.2円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る