001今回はリクエスト頂きました、マジックアイズの

「極彩 MONSTER」

試してみました。

マンドラゴラ的なオナホールですね。










ヒットするかしないかはさておき、業界の最先端で常にオナホールに革命を与えてきたマジックアイズが、今回もまたオナホールの新たなる可能性を発見出来るようなオナホールをリリースしてくれたようです。

_SL1500_

パッケージはマジックアイズ公式絵師による安定感のあるクオリティで、モンスター娘を擬筒化したオナホールですね。
あらゆる生命体が常に擬筒化されてきたオナホ業界ですから、このコンセプト自体はさほど珍しいものでもないわけですが、とりあえずこのオナホール本体を見てもらいましょう。

001

この発想はなかった・・・

まるで外側の素材にボディアーマーの如し造形を施す事によって、禍々しくもモンスターらしい造形が完成してしまったというわけですね。

001

パッケージと比べてみた画像がこちら。
オナホを見ながらパッケージを描いたんじゃねぇのかと疑うレベルのオナホシンクロ率が100%中の100%な出来になっており、これに興奮出来る人がいるのかどうかはともかく、非常に気持ち悪い素晴らしい造形となっていますね。

001

ちなみに背中側はこんな感じの完全なるフルアーマー化された造形になっています。
うん、気持ち悪いですね。

画像を見ている限りではこの外側の赤い素材がすごく硬そうに見えていたんですが、実際に触ってみると中の肌色の素材よりも少し柔らかいくらいのものが使われていますね。
重量は約425gで、全体的な固さは普通~少し柔らかめくらい。
臭いはほどほどに収まっている分、油っぽさが少し気になる感じですね。

001

1層目のボディアーマーと、2層目の本体部分に続いて、内部にはもう一つの異なる素材が使われている3層構造のオナホールですね。
触った感じだと外側の素材よりもちょっと固めのものが使われているような気がします。

001

裏返してみるとよく見るような普通の二重構造素材に成り下がってしまう感じですね。
中央少し右のあたりに汚れなのかコゲなのかよくわからないものが付着しているのが気になりますね。
小さいヒダやらは確認出来ますが、パンパンに張ってしまって何がなんだかわからないので断面図を見てみましょう。

_SL1500_


断面図で見ても何がなんだかよく分からない、有機的な無次元構造のオナホールのようですね。
表面を着色するのではなく、成形段階で分離したパーツを融合させ一体化しています!
と書いてある通り、肌色の本体と外側の禍々しい部分を2つ作ってそれをくっつける作り方なんですね。

こういった手間のかかったオナホールは作れなくもないけど量産出来ないのが悩みの種・・・なんていう話を過去にどこかのメーカーの人に聞いた事があります。

_SL1500_

こちらが女の子の設定画像で、アルラウネなんていう聞き慣れない単語があったので調べてみると、マンドラゴラをドイツ語に翻訳した言葉だそうですね。ピクシブ百科事典に詳しく載っていたので気になる方はチェックしてみてください。

001

やはり内部に使われている素材は少し固めで、デコボコした内部やうねり具合がはっきりと伝わってくるような挿入感になっていますね。
全体的には掴みどころのない複雑な挿入感なんですが、真中付近と奥の方にある弁のようなヒダがストロークをする度にベロベロと当たってくるのが分かりやすい刺激となっています。
かき分けていくようなうねり具合いと、デコボコとした複雑な内部構造と先ほどの弁のようなヒダと合わせて、見た目の奇抜さだけでなく、しっかりとした気持ちよさも十分持ちあわせている素晴らしいクオリティで、★5は十分届いているオナホールだと思います。

唯一といっていいくらいのわずかな欠点としては、外側のボディーアーマーがついていない腹側の部分に少しばかりの肉厚の偏りを感じ、挿入感がほんの少し上ずっているように感じる点ですね。

完璧なまでのオナホシンクロ率や複雑な内部構造や十分なまでの気持ちよさを考えると、

「これに★5をつけずにどれにつけるんだ」

というくらい、いいオナホだと思います。
ただ、素材は柔らかめだと言ってもちょっと刺激寄りなゴリゴリした挿入感なので、まったり好きな人は合わないかもしれないですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:2700円前後
nkp(1g当たりの値段):6.4円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★★(5段階評価:5)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る