001今回はリクエスト頂きました、ホットパワーズの

「異世界への挿入シリーズ2 ドヴァー」

試してみました。

異世界への挿入シリーズ1 アジーン」 に続く待望の第2弾ですね。


思わず挿入してみたくなる

そんなコンセプトと共に2015年に登場したホットパワーズの新シリーズが「異世界の挿入感シリーズ」ですね。
しょっぱなから「続編もこうご期待!」なんて事を公式で発表されていた為に、続編はまだかまだかと待ち焦がれていた所に1年越しでようやく登場してくれました。

3d80aab9

第1弾の内部構造がこちらですね。
  • 思わず挿入してみたくなる←クリア
  • 今までにないような斬新さ←クリア
  • それでいて気持ちいい←クリア 
これだけの条件をすべてクリアしてしまったパーフェクトなオナホールでしたから「そりゃ★5も出るわ」という余裕しゃくしゃくの評価だったわけですが、逆にホッパ側からの目線で考えた場合

あまりにも高いハードルすぎて続編が大変だろうな・・・

なんて事をずっと思っていました。

そこらへんの苦悩は「まかないオナホ」のホットパワーズの商品ページでも軽く触れられていたので抜粋させてもらいましょう。
■異世界への挿入シリーズにしようと思ったけどやめました
今回、そんなまかないオナホ達の中から、特に気持ち良かったものを販売する事にしました。 その使用感が(個人的にですが)まるで触手裏剣と異世界への挿入シリーズ1 アジーンを足して2で割ったような使用感だった為に、一時、このオナホを「異世界への挿入シリーズ2」にしようと思った事があります。

そこでモニターさん達に配布して広く意見を募ったところ「確かに気持ちイイ!…でもこれは異世界じゃないよね?」という意見が割と見られたので「あ!これは勇み足だったな!」と冷静になる事が出来、異世界の続編を取りやめた経緯があります。

確かに使用感はともかく、見た目のインパクトはアジーンほどの異世界感がありませんでした。 気持ちはイイ、確実に。
上記で狂ったようにソフトをオススメするくらい大好きです。

ただ、どれだけ使用感が良くても、異世界というコンセプトにそぐわないものを無理やり発売するわけにはいきません。

まかないオナホの商品ページより
そんなホッパの想いの中、今回ようやく第2弾を出してきたということは、我々の期待を裏切らない商品がついに完成したという事なんでしょう。

hop1
パッケージは前回と同じように、横からPOPカードがビヨンとはみ出しているような変わったものになっており、アウターゾーンのミザリー風の女の子や黒を貴重にしたデザインなんかもシリーズで統一されていますね。
ちなみに「アジーン」に続き「ドヴァー」というのは精子がドヴァーっと出るみたいなギャグ感溢れる意味ではなくて、ロシア数字の「2」を意味している言葉らしいですね。

001

このまま順調に行くと第3弾は「トリー」で第4弾は「チェトィリエ」なんて事になるんだと思います。

001

造形はおそらく第1弾と同じものが使われていて、重量もほぼ同じくらいのサイズですね。
また、素材も前回と同じくメイトのボクおな素材が使われています。

裏返してしまうとなんだかよくわからない感じだったので、とりあえず断面図から見てもらいましょう。

001


ク・・・




クロスしてる・・・



一体全体どういった作り方をすれば内部のヒダをクロスさせる事が分からないんですが、「ホッパすげぇ!」というよりも

「メイトすげぇ!!!」

なんて思ってしまいます。(ホッパのオナホだけど作っているのはメイトなので)
これだけの技術力があるMATEさんなら無茶も言える!
そう思って本当に無茶ぶりしちゃいました…。
正直作るの大変だろうな…と思いながら、MATEさんのご厚意に甘えさせてもらいました。
MATEさんにはこの場を借りてお詫びとお礼を申し上げます。
こんな事もホッパの商品ページ内にも書かれていますね。
この構造を思いついた所で普通であれば企画外な構造すぎてボツにしちゃうと思うんですが、これを実現出来てしまうメイトの技術力は本当に半端ないですね。

001

入り口から見るとこんな感じで、完全に紐がひねられた上に絡んでいるのが分かりますね。
hop1-11

ストリングス形状をひねる

というだけで「すげぇな」なんて思ってしまうのに、さらにそれをクロスさせているわけですからね・・・。
去年くらいにメイトの工場でドラえもんでも雇いだしたんじゃねぇのか疑惑がだんだん浮上してきました。

奥の方はこれまた長い触手ヒダのようなものが何本もついている構造で、これもまた凄い技術だと思います。

001

入り口の部分で紐がクロスしているので裏返すと千切れてしまうのでは・・・?なんてドキドキしながらゆっくり裏返してみたら、無事にちぎれる事なく裏返ってくれました。
裏返してしまうと、なんだか長いヒダがポツポツとついているだけのようなあっさりとした構造に見えてしまいますね。

001

あれ・・・

思っていたよりも異物感が低いな・・・

というのがファーストインサートした時の感想で、挿入した瞬間は入り口の絡みあったストリングスが挿入を拒むようにしてひっかかってくれるわけですが、一旦奥に入ってしまえばどれがストリングスの刺激なのかよく分からないような挿入感になっていますね。

奥の方にあるウニョウニョとした触手的なヒダも、そこまで想像していたようなぐにゃんぐにゃんにペニスに絡みついているというよりも、ワサワサとしたヒダっぽいものが奥の方で当たってくる・・・くらいの感覚に近いですね。

おそらく素材自体が柔らかめで、長めの触手になっている為に、ビジュアル的にはもの凄く絡みついてはきているんだろうけど鈍い亀頭の先端ではそこまではっきりとした刺激が伝わってこないような感じになっています。

そういう意味ではハッキリとしたウニョウニョ感を出そうと思った場合、例えばあいさぽーとの「じゅくじゅくみじゅくみみず」の山脈ヒダをうねらせた上で固定されたヒダの方が、オナホ的にはウニョウニョ感を感じやすいのかもしれませんね。

「異物感や触手感はあるんだけどすべてがアクセント止まり」


な、ややマイルドな刺激加減になっている為に、内部構造の果てしない衝撃があるだけに挿入感ではギャップを感じてしまいますね。

★5をつける為のサムシングは圧倒的に足りず、★4くらいは付けてみたい内部構造だけど気持ちよさは完全に★3だな・・・というくらいの悩ましくてきわどいオナホールですね。

「気持ちよさはまぁそのなんだあれだけどこの挿入感は是非試して欲しい!!」とまで思える程の強い衝撃があったわけではないので、厳しめに★3くらいにしておきましょう。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:3100円前後
nkp(1g当たりの値段):8.2円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る 
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る