001今回はリクエスト頂きました、トイズハートの

「純潔のミツツボ」

試してみました。

処女っぽい感じのオナホールですね。 










処女ホールというと、

「処女の奇妙な冒険」

みたいなタイトルでチクワークあたりがパロディを出してくれるのを今か今かと待っているんですが、なかなか発売してくれないですね。

今までにも散々処女ホールは発売されてきているので、今更それ単発のコンセプトで出されてもあまり新鮮味がなかったりするんですが、トイズハート製という事でまだギリギリ期待値を保てている感じです。

_SL1500_
中身はさておき、パッケージだけで言えばなかなか売れそうな感じのパッケージに仕上がっており、白いネグリジェを着た純情そうな女の子がイラストになっていますね。

001

本体は小ぶりな小型ホールサイズに見えますが、重量は約231gとギリギリミドルサイズに分類される大きさになっています。
使われている素材は「ばーじんスキン」という「おにいちゃんだいすき」で使われ初めたもので、臭いや油っぽさは控えめなちょっと固めな素材になっています。

001

処女膜っぽいものは見当たらなかったのでとりあえずブリンと裏返してみました。
真ん中付近に小さいイボが2つついている以外は、全体的に横ヒダのシンプルすぎる構造となっており、この時点でよっぽど予想を裏切るような気持ちや挿入感が飛び出してこない限りは高評価はつきにくそうな気配がプンプン漂っていますね。

001

入り口をくぱぁしてみても、特に狭く作られているわけでもなく子宮っぽさがさっぱり伝わってこない感じになっています。

_SL1000_

環状処女膜をイメージして作られたそれっぽい穴


なだけで、「膜が張ってある」とか「プチっと破れる」とか、「やたらと狭い」だとかそういうギミックではないみたいですね。






_SL1000_

コンセプトとしては処女膜よりも「処女のキツさ加減を再現した」の方が重要視されているような感じで、裏返した時はさっぱり分かりませんでしたが、一応子宮ゾーンもついているようでした。

「初体験で子宮まで挿入してしまう」

なんてトラウマコース待ったなしな案件が可能なのも、オナホールならではの醍醐味とも言えるでしょう。

001

想像していたのと寸分違わないそのまんまな挿入感

で、驚きの気持ちよさや意外なギミックなんてものは余裕でなくて、★3ど真ん中な無難なヒダホールといった感じですね。

期待していた「処女のキツさ加減」というのも「それで押すにはちょっと苦しいな~」と言わんばかりの、そこまでキツすぎる訳でもない締め付け加減となっている上に、最後の子宮ゾーンもヒダの延長線上にあるただのコリっとしたひっかかりくらいの役割くらいしか果たしておらず、ただひたすらとゴリゴリとした大きいヒダがペニスをしごいてくるような短めのオナホールになっています。

これがトイズハートの新作かぁ・・・と思うとなんだか悲しい気持ちになってくるオナ郎です。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:1800円前後
nkp(1g当たりの値段):7.8円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る