001今回はShuichiの

「ごっくんアスリート」

試してみました。

アスリート的なオナホールですね。 










世の中には

「えっ!?そんな薄い布で大丈夫なんです!?」

なんて言いたくなるようなエロ目線でしか見れないようなスポーツウェアが数多く存在しているわけですが、それもきっとどこかのエロい偉いおっさんの勇気が生み出した努力の結果なんでしょうね。

ごっくんアスリート
パッケージのイラストが何もエロ寄りに描かれているというわけではなく、本当にこんな格好で競技している人達がいるんだから驚きですね。

作っているのは「Shuichi」というまだまだ情報の少ないメーカーで、過去にレビューしたオナホールは「戦乙女」と「ポチタマ」の2点ですね。


「ごっくんアスリート」で検索したらたまたまこんなPCゲームが出てきました。

資源の再利用という意味ではビジネス的にはありなのかもしれませんが、それがタイアップ出来るようなビッグタイトルではない場合は、真面目にオナホールやらパッケージやらを一から作っているメーカーのそれと比べると、一つランクの落ちたものを見ている気分になってしまいます。

001

重量は約196gのギリギリ小型くらいのサイズな本体ですね。
アスリートよろしく、オナホールは日に焼けた茶色っぽい色になっていて一応シンクロ率は保たれている感じ。
素材は少し柔らかめで、臭いと油っぽさはほどほどなものが使われています。


ただ、

001

オナホールの本体は密封パックされていたのにもかかわらず、オナホのカスやホコリがこびりついていたり、挙句の果てには

001

なんかの毛までこびりついている始末

で、梱包前に床に落としたんじゃねぇのかと思ってしまうくらいにひどい有様ですね。
「ちょっと汚いな・・・」と思うオナホールはこれまでにもありましたが、ここまでひどいのは記憶にありません。
オナホールはデリケートな部分に使うものなので、こういう衛生管理的な部分は慎重になるくらいにメーカーには気を使って欲しい所です。

こんな状態のオナホールをオススメ出来る理由は一つも見つからないので、一応レビューという事で使用してはみますが、

どんなに気持ちよかった所で最終的な評価は★1にする

と今から宣言しておきます。

002

なんだかめちゃくちゃ最近見た事のあるような縦の山脈ヒダが入り口付近についているような構造で、真ん中には大きめの横ヒダ、奥にはイボがつけられている3段構造になっていますね。

_SL1024_

裏返した状態でも内部構造ははっきり出ていたので、断面図で見てもそこまで大きな印象の違いはありませんね。

※本品はジョークグッズです

なんていう言葉に今回ばかりはちょっとイラっときてしまいます。

002

素材はそれなりに柔らかい感じなので、挿入感もまったり気味でもっちりとした感触が心地良いですね。

先日の「パイ撃おーるあらうんど」と似たような構造なのに、こうまで違うか・・・!と思えるくらい、よく言えば大人しい挿入感、悪く言えばギミックの特徴がしっかり出ていない挿入感になっていて、入口付近の縦ヒダの存在がかなり希薄でアクセントにすらなっておらず、全体的な挿入感で言えばなんだかモコっとしたひっかかりがあるくらいの面白みや刺激に欠ける挿入感となっています。

001

そんなに気になる程ではないですけど、レベル1くらいに軸ズレしてるなーと思ってかっさばいてみたら、見た目的にはかなりがっつり軸ズレしている感じですね。

アスリートという事なので褐色ボディにしてきたシンクロ率はギリギリ評価出来るとして、アスリートの引き締まった筋肉を想像させるようなキツめの挿入感ではなく、まったりな挿入感というのもなんだか真逆な感じで全くイメージ出来ないのが残念な所。

内部構造を前面に押したようなオナホールではない場合、こういうささやかなシンクロ率が感じられないとただのジェネリックなオナホールになってしまう為に、オススメもしにくくなってしまいますね。

普通に評価した場合は★2で、宣言した通り衛生管理がまったく出来ていない汚れのひどさは最低評価に値するくらいの罪深い所業なのでしっかり★1をつけておきましょう。

オナホデータ

[まったり系]■■□□□[刺激系] (5段階:2)
ショップ平均価格:1600円前後
nkp(1g当たりの値段):7.9円前後
オナ郎のオススメ度:(5段階評価:1)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る