001今回はアイザムファクトリーの

「宝石の妖精ソフト」


試してみました。

膣ヒダ波打つ的なオナホールですね。 










アイザムファクトリー

毎日このサイトを見に来てくれている方でも「どこのメーカーだってばよ」と言ってしまうくらい聞きなれないこのメーカー。

804977ea
宝石の花弁 第8弾 まじくるすたー 五芒星(ペンタグラム)|こんなにもヒダの輪郭がハッキリしているオナホールは初めてでゴワス

実は過去にひとつだけレビューしたことがあって、高級ラブドール用のオナホールを作っているとかそんな感じのメーカーでしたね。アイザムファクトリーについては「宝石の花弁」で軽く紹介させていただいていますので、未読の方は合わせてご閲覧ください。

今回の商品は製作が「アイザムファクトリー」で監修が「ホットパワーズ」というコラボとも違う共同開発っぽいオナホールとなっています。
002

パッケージはあまり見ない形の縦長でスリムな箱になっていますね。
毎度の如くホットパワーズの商品ページでがっつり紹介されているので、かいつまんで要約してみると
  • 「宝石の花びら」シリーズで人気のあった構造のリメイク
  • オナホ製作の原型はアイザムファクトリー
  • 監修のホッパは仕上がりに対してあれこれ口を出すイヤらしい役割
  • ソフトとハードの2種類
宝石の花びらシリーズは過去にもかなりの数のオナホがリリースされているらしいのですが、オナ郎が試した事があるのは「宝石の花びら第8弾」のみですね。
「ペンダグラム」という斬新さのある内部構造に気持ちよさもしっかり楽しめる素晴らしいオナホで、フルプライスな値段設定以外はほぼ満点なオナホだったような気がします。

ソフト版とハード版で2種類の素材が用意されているわけですが、今回はとりあえずソフト版の方からレビューしていきたいと思います。

001

公式重量の510gに対して実際は492gと若干少なめの重量となっていますが、このくらいはまだ誤差の範囲内でしょう。
使われているのはソフト版なだけあってふわとろ系のものよりもわずかに弾力のあるかなり柔らかめな素材ですね。
臭いはほどほどくらいの一般的なオナホと同じくらいですが、油っぽさは少し気になるレベルとなっています。

002

最近流行りの「山脈系ヒダ」とも違う、ジグザグな縦と横の厚めのヒダがたくさんついている構造となっており、挿入する前から「これはなかなか気持ちいいんじゃないの!?」と期待値が高まってしまうオナホールですね。

1-1032e

シンプルだけどすっごい複雑

な、溢れんばかりのうねうねとしたヒダが敷き詰められている構造となっています。

0aab045a

なんて事を挿入する前から思ってしまうわけですが、そんなことを言いながらイマイチに感じてしまったオナホールも過去にたくさんあったので、しっかりと挿入して確かめてみましょう。

001

なるほど・・・。

気持よくないわけではなかったんですが、想像を果てしなく超えてくるような未知の快楽はなく

「ア~ハン、ナルホドデスネェ☆」

と、うさん臭いアメリカ人キャラが発しそうな台詞がしっくりきてしまうような「なるほどですね感」が出ており、見た目の凶悪のヒダから想像する刺激を20%カロリーオフにしたかのようなわりとあっさりな挿入感になっていました。

001

こんな感じ。

と言われても困るものがあると思いますが、挿入感からイメージするのはまさしくこんな感じの迷路のような複雑なヒダ加減になっていて、縦横に配置されたヒダが迷路よろしく複雑に絡みついてくる感じ・・・なんですが、横ヒダ特有のゾリゾリした気持ちよさではなくて、緩いビラビラが優しく絡みついてくるような挿入感になっていますね。

そういった縦横のヒダの絡みつきはあるものの、体感出来る挿入感は超絶技巧というよりもどちらかというとノーマル寄りな分かりやすい刺激、悪く言えば少しあっさりしている刺激になっているのでオススメ度が★4なのは間違いのない所なんですが、★5ははっきり違うと断言出来てしまうオナホールですね。

「優しくて良い男なんだけど彼氏にするのは違う」

なんていう、何いうてんねん感が満載な複雑な乙女心を擬筒化したら、きっとこんな感じのオナホールになるんだと思います。
なんていう、何いうてんねん感が満載なレビューで今日も元気にオナホールのレビューをお届けしております。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:3800円前後
nkp(1g当たりの値段):7.6円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る