宝石の妖精ハード今回はアイザムファクトリーの

「宝石の妖精ハード」

試してみました。

前回に引き続き、膣ヒダ波打つ的なオナホのハード版ですね。


老舗の高級ドール専用オナホメーカーアイザムファクトリーとホットパワーズがタッグを組んだという事で、いいオナホールしか飛び出してこなさそうなのが今回の「宝石の妖精」というオナホール。
前回のソフト版に引き続き今回は同じホールのハード版のレビューとなります。

ソフト版の方は見た目の凶悪なヒダ加減で期待値こそは高く、余裕で実用的な気持ちよさや挿入感だったのにもかかわらず、期待以上のサムシングが飛び出してくる事なく★4という結果で終わってしまったわけですが、同じホールといえど素材が変わればまったく別物になるのがオナホというものなので、ハード版の方もしっかりレビューしていきましょう。

001

「しっかりレビューしていきましょう」なんて言っておきながらもパッケージはソフト版と同じで、シールを貼っただけのコストカット臭のする作りになっているので、ここらへんはあまり書く事がない感じなので挿入までの道のりはサクッと進めていきましょう。

1-1032-4

ソフト版のレビューではがっつりスルーしてしまったんですが、オナホールと合体して使えるようなちょっとした工夫が施されていますね。

001

装着するとこんな感じになるわけですが、穴の口径がぴったりではなくて少し大きめに作られている為に、ひっぱるとズボっと抜けてしまうバランスになってしまっていますね。
雰囲気を楽しむ分には十分ですが、これを装着しながらの本気オナニーはちょっとストレスを感じてしまうと思います。

002

重量は約490gで、造形やサイズなどはソフト版と全く同じ造りとなっています。
ハード版というだけあってかなり固めに感じる素材が使われており、臭いは控えめで油っぽさはほどほどな素材となっていますね。

001

内部構造もソフト版とまったく同じ、複雑なジグザグの縦横のヒダ構造になっていますね。

003

ソフト版の挿入感は、

001
「こんな感じ」という事で迷路のようなヒダが絡みついてくる、なんて表現をしたわけですが、

素材が違うとここまで挿入感が変わるものかね!!

というくらい、全く別物の挿入感になっており、二次元の迷路だったヒダの刺激がハード版では三次元のヒダの刺激になっており、

001

迷路なんていうかわいい表現の挿入感ではなくて、立体的なヒダの迷宮にいざなうような複雑な挿入感となっていますね。

そんな立体的なヒダの刺激に加えて、固めで締め付けもそこそこ強い為にかなり刺激寄りなゴリゴリとした挿入感になっていて、ハード系の刺激が好きな人にはかなりオススメしやすいオナホールとなっています。

ただ、ハードと言ってもビチビチにペニスを締め付けてくるようなタイトな挿入感なわけではないので、超ハードな刺激が苦手なオナ郎でもそれなりに満足のいく射精を迎える事が出来てしまったレベルの、若干甘めなハード加減になっているので、「ぼくの性徒」なんかを愛用しているようなアイアンペニスの持ち主の方は少し物足りなさを感じてしまうかもしれませんね。

見た目の派手さに比べて挿入感が少しおとなしく感じてしまうソフト版に比べて、ハード版の方が内部構造の特徴をしっかり出せている分、オナホールとしてのオススメ度は高いんですが、オススメ度としてはやはり★4くらいがちょうどいい加減だと思います。

決して強烈すぎないくらいの適度なハード系ホールが好きな方にはなかなか良いオナホールになると思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■■■[刺激系] (5段階:5)
ショップ平均価格:3800円前後
nkp(1g当たりの値段):7.6円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る