001今回はリクエスト頂きました、エグゼの

「はんじゅく!」

試してみました。

ギャップ二層構造の大型ホールですね。 










ダブル最高級お嬢様のポテンシャル」のレビュー内でも軽く触れたとおり、

「今年はギャップ二層構造が地味な流行りなのでは?」

なんて思っていたら、エーワンの「極フェラ5」に続いてエグゼまでこの構造を採用したオナホールを出してきたもんですから、これはもう一つのブームとして認識していいのかもしれませんね。

そういった流行りの構造でのパロディホールやシンクロ率の低いジェネリックなオナホールが発売される頃がブームの終焉だったりするので、今後の流れをしっかりチェックしてきたいですね。

_SL1000_

というわけで今回は、そういった流行りの構造を圧倒的な資金力で大型にしてぽぽんとリリースしてしまえるエグゼからのギャップニ層構造のオナホールですね。

イラストはエグゼの公式イラストレーターといっても過言ではないくらい引っ張りダコんぼ「小路あゆむ」さんが描いていますね。

002

公式重量は1200gとの事でしたが、実際の重量は約1142gと少しだけ少ないサイズですね。
ハンドホールと据え置き型ホールのちょうど中間のようなまん丸い感じの造形になっています。

外側素材はそれなりに固めになっていますが、臭いと油っぽさは控えめ~ほどほどな固め素材のわりには少し気になる素材ですね。

011

プリンとしたお尻の形が、小ぶりなサイズ感もあって愛らしい感じですね。

012

1.2kgともなってくると、うっかりアナルにも穴を開けて2穴ホールとして販売してしまいそうなものですが、そこは潔く1穴で勝負してきたみたいですね。
入り口らへんの口径はわりと大きめに作られているので、挿入がしやすそうです。

013

こちらがオナホールの反対側ですね。
色の違った内部素材の部分を触ると、プニプニとした柔らかめの素材が使われている事がわかるんですが、ふわとろ系ほどの柔らかさではなく、ボクおな素材なんかの柔らかさに近い触感となっています。

_SL1000_

さすがにこれだけ外側の素材がしっかりしている上に肉厚なオナホールだと裏返すのは不可能っぽいので諦めました。
内部はスパイラルっぽい感じの穴になっているみたいですね。

014

そんなに悪くない・・・


いや、


「どっちかと言えばちょっといいんじゃないの?」


といったような感じで、オナホールとしての基本的な性能は余裕でクリアしている上で、ちょっとしたプラスアルファな挿入感も体験出来るので、とりあえず★5はないけど★4は問題なく付けてみたいところからレビューしていきましょう。

ペニスを挿入した時に増える体積を、外側の固い素材が防波堤のようにギュっとせきとめる働きをする事によって、柔らかい素材の存在感がぐっと増すような働きがギャップニ層構造にはあるわけですが、基本的には1kgオーバーの肉厚マシマシなオナホールのために、そんな小細工をしなくてもナチュラルな肉厚感が出てしまっている感じですね。

ただ、これが内部素材だけの一層構造だった場合、今回のようなギュっとした締まりのある挿入感はもうちょっと緩くなっていただろうと予測は出来るし、外側だけの一層素材だった場合ゴリゴリすぎて「締まりもあるしふわっと感もある」みたいな特徴は出せていなかったでしょうね。

また、外側が固い素材になる事によってストロークが非常に安定するというのもこの構造の大きな特徴で、この大きさのオナホールをガシガシとしたハンドストロークでもそこまで煩わしさを感じる事もなくストレスフリーでストローク出来るのは大きいですね。

細かいイボの感じはそこまでよく分からないような挿入感ですが、内部についたスパイラル状のヒダが特に頑張って仕事をしているために、ちょっとしたトルネード感のある安定したヒダ刺激を楽しめるオナホール、みたいな使い心地になっています。

はんじゅく卵をイメージするようなトロトロ感のある挿入感とは程遠く、弾力はあるのにそこまでがっついてこないような挿入感になっているために、まったり系のオナホールが好きな方よりも、刺激寄りくらいの微妙な加減が好きな人の方がおそらくぴったりくるオナホールだと思います。

★5を思わずつけてしまうほどの素敵要素は低めですが、いろんな面でバランスの良いオススメしやすいオナホールといった感じですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:5700円前後
nkp(1g当たりの値段):5円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る 
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る