4560486210523_1今回はMAX-VISIONの

「オーラルエア ORAL AIR」

試してみました。 

電動のフェラチオホールですね。 










電動オナホール

こんなにも・・・、こんなにも魅力的な言葉が世の中にはあるっていうのに、市場に溢れているものと言えば

UDgBUyoUl92Bazk_HWaGD_18

「なんじゃこりゃあぁ!!」

と目を疑うくらいひどい商品であったり、「使えなくはないけどおもてんと違う!!」みたいなものばっかりだったりで、未だに「電動ホール=地雷」みたいなイメージがこの現代の日本にはつきまとっているわけです。

そんな世知辛い電動ホール界の唯一の救いと言えばRENDSの「A10サイクロン」くらいのもので、ここ最近で圧倒的に進化を遂げてきたハンドホールや大型ホールに比べるとまだまだジョークグッズの域を出ていないのが電動ホールというカテゴリーですね。

44
そんな前置きがあった上で紹介するのがMAX-VISIONというメーカーが発売してきたGENMUシリーズの電動ホールですね。
GENMUは少し前にも「POWER PISTON」というピストンタイプのオナホールを発売してきたりと、わりと電動系のオナホールには積極的に見えるメーカーだったりするんですが、中国のメーカーと分厚いコネがあるのか、そこが作った商品を日本仕様にして販売しているような事が多いので、今回もそういった類の商品なのかもしれません。

さらに今回は回転したりピストンしたりするいわゆる一般的な電動ホールではなくて、

「フェラチオタイプの電動ホール」

という非常に珍しいタイプのオナホールなので、「本当に大丈夫なんだろうな・・・?」という不安感と期待感が入り混じったような気持ちでいっぱいです。

33

重量は約304gとそこまで重くもないサイズ感ですが、電動ホールなのであまり重量は関係ありませんね。
マットブラックなボディで高級感こそはないものの、そこまで安っぽくもないようなデザイン。
ボタンは電源ボタンとファンクションボタンの2つとなっています。

初回使用時に充電が必要となっているので注意が必要ですね。
ちなみに充電は付属のUSBケーブルを使って行う事ができます。

001

本体は真ん中の部分をひねるとぱかっと2つに分解する事ができます。
左側の方には電動部品が一切使われていないのでそのまま丸洗いする事が可能ですね。

001

ただ、入り口部分の所ははめ殺しっぽくなっているので、内部を交換したりするにはちょっとしたやんちゃな行為が必要になりそうですね。

シーケンス 05
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

とりあえず適当に動かしてみたGIFがこちら。
回転するでもピストンするでも震えるでもなく、

内部がうねうねと動く

というわりと画期的な動きを見せてくれてテンションが上がると同時に、「この動きは本当に気持ち良いのだろうか・・・」という不安も大きくなってきますね。
ハードケースとインナーホール部分に「空気」を送り込み、インナーホールがぷくーっと膨らむことで、まるでオーラルセックスのような「締め付け」を生み出します。

空気によるバルーンの膨らみですので、無理な負担がない自然で優しい「締め付け」の快感刺激をお楽しみいただけます。

締め付けパターンは5種類。ボタンを押す毎に、ソフトからハードまで多彩で悶絶な締め付けパターンを体験できます。
こちらが公式の説明文ですね。
オーラルエアーという名前よろしく、空気を送りこむ事で内部素材を膨らませて動かしているギミックだったんですね。


いや〜・・・


これはきっと気持ちよくない


・・・とオナ郎のゴーストがさっきからそう囁いていますね。

ちなみに音はそこまで大きくなく、スマフォが机の上でバイブレーションするくらいの大きさになっています。

001

これだけ「大丈夫なんだろうか・・・?」だとか、「気持ちいいのだろうか・・・?」だとか「きっと気持ちよくない」とかいう言葉でさんざん不安感を煽っておきながら、いざ使ってみたら「めちゃくちゃ気持ちよかったです」なんていう9回裏からの逆転満塁ホームランを期待していたわけですがそんな願いも届かず、5回の裏に0-10でそうそうとコールド負けしてしまうレベルでの実用性の低さにある意味驚きを隠せない感じです。

見た目だけではぷっくりと膨らんだりしぼんだりする動きがよくわかったので、ペニスを入れたらある程度何かしらのアクションは起こるであろうと期待していたら、なんだかモゾモゾと動いているのはギリギリ分かるだけで刺激みたいなものは一切ない諸行無常な挿入感になっていますね、

入り口の口径が広すぎる為にバキュームみたいなものは皆無。
エアーの力の弱さと内部素材の壁の薄さでペニスを圧迫する力が壊滅的に弱すぎる為に、もしこんな感じのフェラチオをしてくる女の子がリアルに現れた場合、「さっきからなにしてんねん」と強めの口調で言ってしまうかもしれないですね。
締め付けパターンは5種類。
ボタンを押す毎に、ソフトからハードまで多彩で悶絶な締め付けパターンを体験できます。
ソフトからハードどころか、一番強くしたとて「なにしてんねん感」のある諸行無常な使用感になっている為に、「射精」なんて言葉は何光年も離れた星の事を想うくらいに遠い出来事のように感じてしまいますね。

せめてもう少し圧迫感がしっかり出ていたらストロークをすることで、自動で動く口内にグポグボと突っ込むような感覚を味わえたかもしれませんが、この出来では使い物にならないと言っても過言ではないレベルですね。

気持よくはないだろうな・・・とは予測していましたが、ここまで使いものにならないレベルとまでは思っていなかったので、購入を検討している方は早い段階で樋口一葉とお別れ会をしておいた方がいいと思います。

オナホデータ

[まったり系]-[刺激系] (5段階:そういったたぐいのものではない)
ショップ平均価格:5500円前後
オナ郎のオススメ度:(5段階評価:1)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る