001今回はラブクラウドの

「バーチャルシリーズ ラブボイス」

試してみました。

音声センサー付きのオナホールですね。










まるで険しい山脈に挑むクライマーのように、何かのタイミングで電動系のオナホールを出してくるラブクラウド。
そのどれもが山頂までにたどり着けるような高みのあるものではなく、未だに★4以上がついた事がないわけですが、そもそも電動ホールを作るメーカーが少なすぎるのでオナホールのバリエーション的には挑戦してくれるだけでありがたい・・・とも言えるのかもしれません。

バーチャルシリーズ ラブボイス


今回は振動したりピストンしてくれるような一般的な電動ホールとは違い、

音声センサーが内蔵されたオナホール

となっていますね。
内蔵触感度センサー2基を搭載したオナホール。
挿入場所で言葉が変化する官能ボイスで劇的臨場感を味わえます。

つまりチンチンを挿入する事によって「あ~ん」だとか「きもてぃ~」とかいう言葉をしゃべってくれるオナホールというわけです。
いや~新しいですね。

001

真っ白なプラスチックのボディで若干安っぽい感じのする本体がこちら。
ホール部分には蓋がされているのでパカっと取り外してみましょう。

001

筒の中にオナホールがカポっと埋め込まれているだけの簡素な作りですね。

001

本体の裏側には
  • ヘッドフォンジャック
  • スピーカー
  • 電池ボックス
  • オンオフスイッチ
がつけられていました。
ヘッドフォンジャックは音が出せない環境の人にも配慮された素晴らしい機能ですね。

001

中に入っているのは重量が262gほどのミドルサイズなオナホールで、臭いや油っぽさの控えめな少し固めな素材になっています。
内部構造は裏返すまでもなく、ものすごくシンプルな間隔の広めな横ヒダですね。
このオナホールのメインディッシュは音声機能だと思うので、中身のオナホールはこのくらいシンプルな方が普通に気持よくていいかもしれませんね。

001

本体の内部には大きめのスイッチが2つ搭載されていました。
ペニスを挿入する圧力でこのスイッチが押される事によって「あ~ん」だとか「きもてぃ~」だとかの音声が流れるというシンプルな仕組みのようですね。

ものは試しという事でさっそく挿入してみる事にしましょう。

001

入り口こそわりと狭めになっているものの、奥の方はかなりゆるい感じの挿入感な上に手を使っての圧力調整が出来ない為に少し刺激に物足りなさを感じてしまいますね。

ただ、挿入感は非常にシンプルなヒダがボコボコと刺激してくるような安定のものになっているので、物足りなさを感じながらも射精くらいは普通に可能なくらいのバランスですね。

オナホールだけの評価で言えば★2・・・、この白いボディ部分を取り外して使えばなんとか★3くらいはギリギリつけてもいいくらいのオナホールかもしれません。



さてさて




「なぜ肝心な音声の使用感をなぜレビューしないんだってばよ!!」


なんて疑問に思っている方の為もいると思いますが、その回答がこちら。


001

音が鳴らないんですよね・・・


センサーがついている角度にペニスをグイグイと押し当てて上げても何の反応もないこのオナホール。

「ハハ、それはね。スイッチがオフになっているだよ、ジョージ」

なんて事もしっかり確かめた上で挿入しているわけですが、ピクリとも反応しやがりませんね。
一旦ペニスを抜いてから手でセンサーがある所らへんをグイっと押してみると

「はぁ~!センセー!入ってきた~!ダメってば~!」


なんて台詞を発してくれるので一応機能はしているみたいですが、ペニスを挿入しても反応しないのであれば、これはやけに高いただの白いケースでしかないですね。

一度ホールを抜いた状態で、手で押すと一体どういう声が出るのかという動画をしっかり撮影したので、無修正の状態の動画を音声付きでお楽しみください。

※ボリューム注意










001

片方のボタンが壊れているという始末

ただでさえペニスを入れても反応しないのに加えて、片方は壊れているという「アカンですよ」なんてレベルを超越した「馬鹿にしとるんか」レベルの出来で、とりあえずお金返してくださいと言いたくなってしまいますね。

壊れている方のボタンは仕方ないとして、なぜペニスを挿入しても反応しないのかというのを真面目に考えた場合考えられる理由は「そもそもボタンが固い」というのと、「押しっぱなしにしないと声が出ない」という2つの理由だと思います。

オナホール本体だけ引っ張りだして使えばそれなりに満足いくレベルではあるものの、そもそも片方のボタンが壊れていなかったとてオススメ出来る要素の一切ないひどい商品なので、くれぐれも買わないように注意しましょう。

追記

挿入した状態で音声が鳴るのだとしたら、スイッチを2ヶ所同時押しした場合に別の音声が鳴る仕組みになっているのでは?
なんてコメントを発見。




なるほど。



それは盲点だったぜ・・・


という事で捨てる一歩手前だった本体を持ってきて同時押ししてみると・・・何も鳴らない・・・



「ふ・・・やっぱり壊れているんだよ、ベイビィ」



なんて思いながらも何度かカチャカチャと押しまくっていたら別の音声が流れてくる始末。

「あぁはぁあぁあはあ!くぅ~!気持ちぃぃ~~!!!ハッハッハァハ!アッァツ!おかしくなる~~」



※壊れていませんでした


調子がいい時は、手前のボタンを押しながら奥のボタンを押せば2つ目の音声の切り替わるようなんですが、調子が悪い時は、2つのボタンを同時押ししないと2つ目の音声が鳴らないという気分屋な仕様になっているみたいですね。

どちらにせよ、ペニスを挿入しながらこの音声の変化を楽しむのは困難なので、「どうしても音声を楽しみたいんだ!」という方は、

001

こんな感じでボタンを押して楽しむのがいいと思います。

オナホデータ

[やっぱり壊れていない系]■■□□□[壊れてる系] (5段階:2)
ショップ平均価格:4600円前後
オナ郎のオススメ度:-(5段階評価:そういったひょうかのできるたぐいのものではない)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る