やわヒダ乱舞 振袖一本道今回はフィルワークスの

「やわヒダ乱舞 振袖一本道」

試してみました。

新メーカーフィルワークスとトイズサカイがコラボしたオナホールですね。
 


OEMメーカーの七光り

という、怒られそうではあるけどかなりしっくりくる表現と共に登場してしまったフィルワークス。
前回のメイトとのコラボホールに引き続き、今回はトイズサカイとのコラボですね。
001

メイトとのコラボ=超絶技巧なオナホールとボクおな素材の魅力で納得。
ホットパワーズとのコラボ=実用性とオリジナリティを兼ね揃えた魅力で納得。
トイズサカイとのコラボ=

トイズサカイとのコラボ?

シンプルすぎる横ヒダ構造のオナホールをまるで呪いにかかったかのように新作として毎回リリースしてくるトイズサカイとあえてコラボする魅力と言えば、やはりシンプルな横ヒダのオナホールが作りたかったからという事なんでしょうね・・・。

きっと新メーカーの一発目として定番の横ヒダ系は抑えたかったからなんだろう・・・と勝手に納得しておきましょう。

001

重量は約121gとシリーズの中で一番小さいサイズとなっており、大体500円かそこらくらいで買える値段設定になっていますね。
入り口付近に肉厚が寄せられた造形になっており、少し固めで臭いと油っぽさはほどほどな素材が使われていますね。

001

なんだろう。

トイズサカイとのコラボと聞いて「きっと、いや絶対横ヒダのシンプルなオナホールが入っているんだろう」とは思っていましたが、ほんの僅かな意外性もないくらい横ヒダ一辺倒な内部構造で、呆れを通り越して安心してしまう自分を発見してしまいますね。

_SL1500_
このシンプルすぎる横ヒダの構造でこれだけの説明文を書けるのは凄いですね。
きっとオナ郎がこれの説明分を書いたら

「シンプルな横ヒダです」

とだけ書いて就業時間を待たずに帰ってしまうと思います。

001

まじか

動画撮影時に気付いてしまうレベルでのひどい軸ズレっぷりとなっており、「シンプルな横ヒダだけならまだしも、こんな軸ズレまでしたオナホールとコラボしてしまったフィルワークスは一体どういった得をしたんだろう・・・」と心配になってしまいますね。

普通にストロークした場合は軸ズレがひどすぎて窓から放り投げたくレベルでのひどい使用感ですが、一応手で補助してあげればまっすぐストロークする事は可能ですね。

ただ、あまりにも軸ズレがひどく、またそれをカバー出来る程の肉厚なオナホールでもないので、まっすぐ突けた所で挿入感にまで大きな影響が出てしまっており、ゾリゾリとしたヒダの触感が片側に偏ってしまっていて、本来のヒダの触感を半分も楽しめないような挿入感になっていますね。

そもそもヒダがわりと浅めに作られているのでゾリゾリした感触が低く、安定のヒダといってもそこまで気持ちのいい刺激ではないので、軸ズレしていなくても★2くらいが限界のオススメ度かもしれません。

軸ズレはトイズサカイ側の落ち度だとして、コラボして出来上がったものがトイズサカイが普通に出してきそうなものなので、

「じゃあ一体フィルワークらしさって何なのさ」

という点が、軸ズレしていた事よりも気になるオナ郎です。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:583円前後
nkp(1g当たりの値段):4.8円前後
オナ郎のオススメ度:(5段階評価:1:軸ズレしてなかったら2)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る