フェラ魔チオ アーネ今回はホットパワーズの

「フェラ魔チオ アーネ」

試してみました。

人外のフェラチオ的なオナホールですね。 










人外系オナホール

オナホールというのは基本的には人間の女性の穴のどこかしらをテーマにして作られているものですが、たまにそこから脱線して人以外のサムシングをテーマにして作られているオナホールが存在しており、今回もまさしくそんな人外系オナホールがテーマとなっています。

hop4
フェラ魔チオ

という事で、おそらく魔女的な女の子のフェラチオを再現しようと試みているのが今回の商品。

オナホールというのはリアルな女性のそれに寄せようとすればするほど、挿入感としては面白みがなくなってしまうという側面があるので、こういった現実ではありえないような設定の方がオナホールとは相性がいいような気がしますね。

イラストを描かれているのは「壁理まりこ」という方で、めちゃくちゃ見た事ある名前だと思ったらこのサイトでも相互リンクを貼らせてもらっている「エロければ良きかな」というブログを書いている方ですね。
記事の紹介をさせてもらった時にTwitter上で1度だけやりとりをした事がある方でしたが、イラストを描いている方だったんですね。

実はこの方は「【ウィダニー】禁断の尿道オナニー「ウィダーインゼリーオナニー」に挑戦の巻」という記事を上げたのとまったく同じ日に同じようなウィダニーのレビューをしているというシンクロニシティにも程がある出来事があったので、何かの縁があるのかもしれませんね。

001

話は戻ってこちらがオナホールの本体。
ホットパワーズの新素材「メテオ」を全種類試してみようのコーナー(前編)」という記事でも紹介したホットパワーズの新素材「メテオ」が採用されているオナホールですね。

hop4-4

本体部分には「-3ふわ柔」と、内部の舌の部分には「+2バリ硬」の素材が使われているようですね。
「-3ふわ柔」なので本体はかなりトロトロとした柔らかさになっていますが、その分油っぽさは少し気になるレベルですが、柔らかさのわりには臭いはほどほどに抑えられている素材ですね。

ベタ付きを抑える為にパウダーがふんだんにかかっており、ローション等で濡れると小麦粉のように白い液体が流れてくる始末なので、使用前には一度洗っておいた方がそこらへんは気にならなくなりますが、洗ってしまうとパウダーが落ちてしまってすごくベタつく素材に変化するので、そこらへんが気になる方はパウダーを用意しておいた方がよさそうですね。

001

舌の部分を別の素材で再現している

という特殊二層構造な手法で作られていますね。
通常のフェラチオホールでも確か舌の部分だけ別素材で・・・というオナホールはあったような気がするので、目新しすぎる手法というわけではありませんが、人外なフェラチオなだけあって舌の部分が物凄く長くなっているというのはかなり新鮮な試みですね。

これが普通に一つの素材で作られていた場合は何の面白みもないような隆起縦ヒダ系のオナホールですが、別に硬い素材を持ってくる事によって挿入感の想像が付かない未知の部分を生み出していると思います。

hop4-1

色がついている舌の部分はシンプルな横ヒダがついている棒みたいなもんだというのはわかりますが、それ以外のベースの壁の部分はちょっと分かりにくい構造になっていて、縦ヒダ系っぽいような構造に見えなくもないですね。

001

ちなみにこちらが裏側の画像です。
舌の部分は裏筋に当たるとして、こちら側はペニスの上側に当たる部分になりますね。
イボっぽいものや、短めの縦ヒダっぽいものがいくつかついている構造になっています。

001

いいぞ・・・っ!

挿入してみてもいまいちピンとこない舌の触感だな、と思ったらただ単に真下に来ていなかったというだけで、裏筋に当たるように定位置に添えてからストロークすると、今まで味わった事のないような素敵な挿入感が待ち受けていました。

ふわとろさながらの柔らかいボディのモコモコとした壁のまったりした刺激を味わいながら、舌の弾力のある筋がしっかりと裏筋を舐め回すかのようにゾリゾリと刺激したり、時には動いてコリコリと刺激してきたりと、アクセント以上にしっかり機能している挿入感になっていますね。

001

漫画にするときっとこんな感じ。

何がここまで素晴らしい挿入感に押し上げているのかと少し考えてみると、やはり一番大事なポイントは

外側の素材と舌素材のギャップ感のある固さの違い

が一番重要なポイントになっており、外側の柔らかい素材のおかげで舌の硬い素材の存在感がより強みを増しているように感じますね。

普通にストロークしても裏筋にあたる硬い突起がゾリゾリと刺激してくる感触もよし、手を使ってその舌の部分を微妙に動かしたりしてコリっとした感触を楽しむのもよしと、ふわとろ感のある低刺激な挿入感に大きなアクセントを与えてくれる素晴らしいバランスになっていると思いますね。

ただ、舌っぽい感触かどうかと言われればちょっと違うような感じで、どちらかというと中にちょっと太めのミミズでも入れて裏筋を刺激しているような細みのある感触なので、人外のフェラ感を出すのであればもう少し太めの方が舌のそれっぽくてよかったのかもしれませんが、そうしてしまうとまたバランスが変わってくると思うのでこの評価にはならなかったかもしれませんね。

閉塞感のあったふわとろ系ホールの新たなるアプローチ方法としてこの手法はもしかしたら今後流行るかもしれませんね。

「ふわとろは好きだけどちょっと飽きてきたんだよね~」という方にもオススメしたくなるいいオナホールだと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■□□□[刺激系] (5段階:2)
ショップ平均価格:2000円前後
nkp(1g当たりの値段):7.2円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★★(5段階評価:5)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る