つるはだ三つ編み乙女今回はフィルワークスの

「つるはだ三つ編み乙女」

試してみました。

RIDE JAPANとのコラボホールですね。 


第1弾から他メーカーとコラボ

なんていうわりと変則的なデビューをしたフィルワークスという2016年に登場したメーカー。
そもそもコラボって何の為にするんだろう・・・

と、改めて考えさせてくれるようなこの登場の仕方にオナ郎はもちろん困惑しているわけですが、ぶっちゃけいうと何の実績も持たずにコラボなんて謳われても「何言うとんねん」感が半端なかったりします。

業界未経験の新しいメーカーが第1弾のしょっぱなから「メイト」、「トイズサカイ」、「ホットパワーズ」と次々にコラボ出来るはずがないので、きっとおそらくフィルワークスはそういったメーカーの方々と巨根なコネを持っている方なんでしょうね。

_SL1500_
そして第4弾となるオナホールも、もちろんコラボ推しな商品になっており、今回は皆さんご存知の「RIDE JAPAN」とのコラボになっていますね。

まだまだ正体不明のフィルワークスですが、今のところわかっている情報としては

「わりとパッケージとのシンクロ率を意識しているメーカー」

という傾向があり、今回も「三つ編み構造」という事で、パッケージの女の子も三つ編み少女が描かれていますね。

001

重量は約212gで、素材はもちろんRIDE JAPANのバンジータッチ素材。

RIDE JAPANのトルソー型ホールというのが非常に珍しくて、ここらへんはコラボじゃなくては実現しなかった点でしょうね。

トルソーといってもがっつりしたトルソー型ホールではなくて、腰のラインや胸の膨らみをつけた半トルソーみたいな造形で、全長が約11cmと200g前後のオナホールとしては少しだけ短いサイズになっており、その分横の肉厚をアップさせてような造りになっています。

002
内部構造は左右のヒダが複雑に入り乱れる、新開発の三つ編み構造を採用。

髪の毛一本一本を丁寧に編み込んだような、複雑な三つ編み構造はまさに至極の極み! 複雑に捻じれた内部の最深部にはポルチオ突起がたまらないバキュームスポットを設置!
という事でわりと期待して裏返してみたんですが、ぱっと見ではただの細ヒダが入り乱れる無造作系の構造に見えてしまいますね。

_SL1500_

なるほど、断面図で見てみると、三つ編みのおさげをそのまま内部構造にしてしまったかのような複雑な構造になっているのがわかりますね。
先端の部分のイボが「オナホイーターゆむしぃ」の髪型に見えてしまって少しノスタルジーな気持ちになってしまったオナ郎です。

003

少し短めのサイズで長さを犠牲にしているだけあって、200g程のオナホールにしては厚みのある挿入感になっていますね。その分、奥まで挿入すると若干頼りない底の部分からペニスがもっこりと顔を出してしまうので、ロングペニスをお持ちの方や、奥の奥まで深いストロークがしたいといった方には少し不向きな造形かもしれません。

「三つ編み構造」という期待感溢れる構造から生まれる挿入感のイメージは

無難でシンプルすぎるオナホール

となっており、断面図で見るような三つ編み的な構造の複雑さはほとんどなく、ただただ横ヒダが浅く浅く刺激してくるヒダ系のオナホールといった感じです。

バンジータッチ素材のもっちりとした挿入感と、あまり深くは挿入出来ないけど厚みのある肉厚感と、安定しすぎているヒダ刺激で★3はとりあえず付けられてるとして、それ以上のサムシングが見当たらない感じですね。

バンジータッチ素材のトルソー型くらいしか珍しい要素もなく、ただただ無難なトルソーホールなので、これを買うくらいであれば、おそらくコラボした事によって跳ね上がったnkpまで含めて考えると、RIDE JAPANのオナホールを買った方がいいかもしれませんね、思ってしまう時点でコラボとしては失敗なんじゃないかと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:-1780円前後
nkp(1g当たりの値段):8.3円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る