ふんわりゆるまん今回はリクエスト頂きました、トイズラブの

「ふんわりゆるまん」

試してみました。

トイズラブのふわとろ系オナホールですね。 










ここ最近はあまり魅力的なオナホも出揃っていないという理由もあって、わりと早いペースでトイズラブの新作を消化していっているわけですが、今回は9月頃に発売されたトイズラブ初となるふわとろ素材のオナホールですね。

001

トイズラブはこの素材の前に白色の素材でオナホールをいくつか発売しているんですが、まだそこらへんのオナホールをレビューしていないのでそれが既存のピンク素材とどう違うのかさっぱり知らなかったりします。

ともあれ今日日のオナホメーカーであればふわとろ系ホールを一つくらい持っていないと時代の流れについていけていない感もあるので、トイズラブもしっかり投入してきた感じですね。

横置きのパッケージという事もあって、若干RIDEのふわとろ系シリーズに似たような印象を受けてしまうのはオナ郎だけでしょうかね。

002

重量は約299gで、すべての実を取り除いたトウモロコシの芯のような造形になっていますね。
「極上ゆるふわ素材」というだけあって、かなり柔らかめの素材が使われていますが、ふわとろ素材なだけあって臭いと油っぽさは少し気になるレベルになっていますね。

また数多くあるふわとろ系の素材の中でもどちらかと言えばまだちょっと固めな、若干ハリのある素材にですね。

003

もうちょっと可愛らしく出来なかったものかしら・・・と思ってしまうような、おばあちゃんのアソコを彷彿させるような入り口の造形が精力を減衰させてくれますね。

004

内部には無造作系の荒いヒダがところどころについており、イボっぽいものも確認出来る複雑な構造になっていますね。

_SL1500_

断面図でみると、そこそこ大きなイボが入り口付近に、小さなイボが奥の方に、そしてヒダっぽいものが真中付近についているような構造になっており、ゆるいカーブもつけられていますね。

001

ふわとろホールといってももう少し細分化してみれば「刺激がほとんどない系」と「刺激はそれなりにある系」とで分かれるもんなんですが、このオナホールは確実に後者の方で、柔らかい肉に包まれながらもコリコリと引っかかる太めのヒダの感触をしっかりと感じる事が出来るので、刺激レベルは5段階中の2くらいはある感じですね。

「ここがいいぞ!!」というようなハッキリとした長所は感じないものの、手堅く作ってくるトイズラブらしいふわとろホールといった感じで、★4くらいはつけてもいいくらいのオナホールだと思います。

ただ、手で添えて上げればまっすぐ挿入出来る程度に軽く軸ズレしてしまっており、それを意識してからよくよく挿入感を確かめてみると、たしかに肉厚に若干の偏りみたいなものが感じられる為に、「ここがいいぞ!!」とハッキリ言えないようなオナホールなだけに、こういったマイナスな点が目立ってしまいますね。

なのでオススメ度的には少しマイナスして★3くらいがちょうどいいくらいの評価だと思いますね。

オナホデータ

[まったり系]■■□□□[刺激系] (5段階:2)
ショップ平均価格:1640円前後
nkp(1g当たりの値段):5.6円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る