両性具有オナペット今回は多分ismの

「両性具有オナペット」

試してみました。

ふたなり的なオナホールですね。 


001

この後この子供達がどうなったのかは分からないけど、今回はチンチンがついているオナホールですね。

両性具有オナペット
パッケージの雰囲気やAmaozon内の商品名でもがっつりと「ism」と書いていたので、先日の「手コキっ娘ダブル」とともに「2つのオナホールをリリースしてきたんだね・・・」と思っていたら、表記されているのは「ism」という名前ではなく、

001

マンドリル

という謎のメーカー名でした。

手コキっ娘ダブル」からすでにマンドリル名義で出されていたならば、「マンドリルに改名して再デビューだぜ!」と、ドラゴンフィッシュブローの使い手よろしくのっぴきならない事情で改名したんだろうな、という予測が出来るんですが、そういうわけでもないですからね。

多分社内でブランドを分けたという事なんでしょうけど、ややこしいのでしばらくはismとしてレビューしてみる事にします。

004

重量は約360gでサイズ的には立派に見えるチンチンがしっかりついている造形になっており、「両性具有」つまりふたなり的なコンセプトという事もあって、しっかりと爆乳なおっぱいもついていますね。

「超絶造形シリーズでいいじゃない」

なんて思ってしまう所ですが、きっとismにはマンドリルとしてリリースしなくてはいけないサムシングがあったんでしょうね。

固さは普通くらいで、臭いはほどほど、少し油っぽさのある素材が使われています。

003

素材が悪いのか、造りが荒いのか、本体の表面には「手コキっ娘」でも見られた気泡のような穴がチンチンにまで出てしまっており、男心的にチンチンの表面にこういう病的なポツポツした穴を開けられるのは精神衛生上あまりよろしくない感じですね。

せっかく造形で魅せようとしているオナホールなのに、こういったトラブルは本当にもったいないというか、自らの手でその魅力を半減させてしまっている事になりますからね。

002

位置的にも造形からしても、アナルのそれにしか見えない入り口となっており、両性具有を謳うのであればここの造形はもう少しアソコっぽい感じに寄せて欲しかった所で、これでは両性具有というよりもニューハーフ的なコンセプトの方がしっくりきたんじゃないかと思います。

005

内部は薄めの二層構造で、無造作系の複雑なヒダがついている構造になっていますね。

_SL1500_
断面図で見てみると、どちらかと言えば縦系のヒダがメインになっているような構造に見えますね。

001

こういった複雑な無造作系のオナホールの特徴として、複雑にしすぎてどれも似たりよったりの挿入感になってしまうという欠点があるわけですがこのオナホールもまったく通りで、ザラザラとした壁がコスってくるくらいしか特徴らしい特徴がなく、オナホの海に沈んでしまうようなありきたりな挿入感になってしまっていますね。

そこまでキツめというわけではないにしても、それなりに密着してくる挿入感となっているので、ザラザラとした壁の刺激もあって少し刺激寄りなバランスになっていますね。

気持ちよさ的には★3ど真ん中くらいのオナホールなので、やはりチンチン付きの造形にどこまで魅力を感じられるか・・・といった所ですね。

チンチンに挿入出来るオナホール」みたいなものも発売されてしまっている昨今のオナホ業界ですから、一昔前に比べるとチンチン付きというだけではインパクトは薄くなってきている気がしますね。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:1800円前後
nkp(1g当たりの値段):5円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る