111今回はリクエスト頂きました、G PROJECTの

「ぷにばーじんminiハード」

試してみました。

ぷにばーじんmini」のハード版ですね。 


年内のオナホレビューも残す所あと2つと迫った2016年。
最後の2つは、11月にレビューするなどと言っておきながらすっかり忘れて遅くなってしまった「ぷにばーじんmini」のハード版とソフト版をレビューして2016年を締めくくってみたいと思います。

111

ぷにばーじんがなければG PROJECTはもう少し残念なメーカーになっていたかもしれない


と言っても過言ではないくらい、今のG PROJECTを支えているのがこの「ぷにばーじんシリーズ」で、初代のミドルホールから据え置き、大型、さらにはミニ版まで出して一通り揃ったと思わせておいてからの、今回のミニ版のソフトとハードのリリースですね。

c0ac5796
ぷにばーじん|2012年のベストホールはほぼこれに決定しました

オナ郎なんかはやはりこの初代のぷにばーじんのやけに神がかったパッケージの印象が強すぎて、いまだにぷにばーじんの新作が全く別のイラストやデザインで出ると違和感を感じてしまいますね。

パッケージのイラストを描かれているのは「島田フミカネ」という方で、調べてみると、「ストライクウィッチーズ」や「艦これ」なんかの原案やキャラクターデザインを担当しているらしく、オナホールのパッケージを描いているが不思議なくらいめちゃくちゃ有名な方のようですね。

0012

なぜぷにばーじんに銃を持ち込んだんだ・・・?

なんて思っていたんですが、島田フミカネさんと言えばメカ少女という事らしいので、なんとなく納得出来ました。

001

東京オナホ

という名前で東京名物になっていそうなバナナ感のある着色がされており、使われている型はノーマル版とまったく同じっぽいですね。

かなり固めでハリのある素材が使われており、G PROJECTの事なのでここまで固い素材だと臭いや油っぽさも全くないのでは?と思わせておきながら、控えめ気味ではありますが臭いや油っぽさはわずかについている素材ですね。

001

内部構造もノーマル版とまったく同じで、変わっているのは素材の固さと色だけのようですね。

001

狭いキツイ痛い短い

このオナホール表現するにはこのたった9文字で事足りてしまいますね。

素材がそれなりに固い為にキツくて狭いというのは想定内だとして、奥にある子宮ゾーンにクポクポと亀頭に出入りする刺激は慣れてくるまでは痛みを伴うくらいの強さになっており、一旦萎えてしまったペニスをもう一度奮い立たせて挿入してみると、それなりに心地よい刺激には変化してくれたので、痛すぎてダメって程ではない感じですね。

前半部分についているイボの感じなんかもわりとはっきりと出ているので、キツ狭刺激系ホールが好きな方にはそれなりにマッチするようなオナホールなんでしょうけど、どちらかという

中折れしようとするペニスとの果てしなき聖戦

といった感じの使用感で、かなり高めの亀頭への刺激にびっくりして萎えとするペニスをどこまで奮い立たせる事が出来るかを競うようなオナホールだと思います。

一番気になるのはノーマル版でも指摘した「短さ」の部分で、その強めの刺激加減をストロークの深さで調節出来ないのが辛い所ですね。
ノーマル版と同様に12cmくらいまでのペニスであればこの短さも程よいサイズになると思いますが、14cm以上のペニスをお持ちの方は基本的には亀頭責めっぽい使用感になることを覚悟しておいた方が良さそうですね。

「射精くらいは・・・!射精くらいは出来るはずだ!!」

と思って3回くらいチャレンジしたんですけど、オナ郎の貧弱なペニスでは何度頑張ってもその刺激に耐える事が出来ずにあっという間にふにゃちん化してしまうので、オススメ度的には★1を付けざるを得ない感じです。

決して悪いオナホールというわけではなく、どちらかというと良いオナホールの部類に入ると思うので、高刺激なオナホールが好きな方であればオナ郎と真逆の評価をつけるんじゃないかと思うくらい、使い手を選ぶオナホールだと思います。

購入の際はご自身のペニスと相談してからにしましょう。

オナホデータ

[まったり系]■■■■■[刺激系] (5段階:5)
ショップ平均価格:1500円前後
nkp(1g当たりの値段):7円前後
オナ郎のオススメ度:(5段階評価:1)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る