001今回はトイズハートの

「机の下フェラ」

試してみました。

机の下のフェラ的なオナホールですね。 










前回の「初夜の花嫁」と同時発売されていたシリーズの片割れが今回の商品。

憧れの先輩は鉄壁娘だった」はともかく、残りの2つはちょっと怪しい臭いがするぞ・・・と思っていたら、案の定そんなにいい評価がつかなかったわけですが、

使ってみるまで分からないのがオナホール

というものなので、今日も元気にオナホールにペニスを突っ込んでいきましょう。

机の下フェラ
「机の下フェラ」

「ハウルの動く城」や「崖の上のポニョ」等のジブリの映画を彷彿させるようなネーミングが付けられていますね。

まんまそのままなストーリーだとすると、机の下でフェラをしてくれるだけのただのAVになってしまうので、「フェラ」という主人公が机の下でもぞもぞする映画なんだと勝手に解釈して、いつか上映される日を楽しみにしておきましょう。

001

これでフェラチオを表現するにはあまりも無理がある骨骨しい造形になっており、机の下に生息している「フェラ」という名前の謎の生物のオナホールに見えてきてしまいました。

重量は約168gで「初夜の花嫁」よりも10数グラムほど大きいサイズになっており、こちらの方が1cm程短い造形になっていますね。

素材は「初夜の花嫁」と同じものが使われており、少し柔らかめで臭いや油っぽさは少しきになる素材ですね。

002

内部にはうっすらとした浅めのヒダのようなものがちらほらとついている構造で、ぱっと見ではあまり気持ちよさそうには見えない感じですね。

_SL1000_

断面図の説明を見るとこれでもかと言わんばかりにフェラチオ的な解釈をされた文章が書かれているのを見て、すっかり忘れていたフェラチオコンセプトを思い出すオナ郎です。
浅めのヒダというのは間違ってなさそうで、真中付近にあるのどちんこ的な大きめのイボが特徴といえば特徴ですね。

001

「初夜の花嫁」よりも、ほんの約1cm程とは言え短くなった事によってストローク感の悪さはあまり感じず、またその分を肉厚に回す事が出来ているので肉厚感も若干とは言え少しマシになっており、本当にオナホールっていうのは微妙なバランスの違いで使用感が変わるものだな・・・と考えさせられてしまいますね。

軸ズレしているのかしていないかの微妙な加減で肉厚が片方に少し偏っているような挿入感なので、厚い方を下側にすれば特に問題はありませんが、薄い方を裏筋側にしてストロークすると少しばかりの物悲しさみたいなものを覚える挿入感があります。

ストローク感が気にならなくなった事によって、より浮き彫りになってしまったのが内部構造のつまらなさ加減で、ヒル的なサムシングに吸い付かれているようなキツメの挿入感ではあるものの、内部はほとんどツルツルとしたあまりひっかかりのない構造になっており、多少のヒダがコリっとカスってくるくらいの控えめな刺激で正直な所「あんまり気持ちよくないな・・・」と思ってしまうようなオナホールですね。

射精までは難なく到達する事が出来たので★1って程悪いオナホールではありませんが、★3をつける程無難なオナホールでもなく、ちょっと足りない感じのするオナホールで、★2くらいがちょうどいい加減なんじゃないかと思います。

なんというか

グラム数を少なくするなら長さは諦めるべし

という戒めを、その身をもって教えてくれるようなシリーズでしたね。
基本的にオナホールというものはある程度柔らかい素材であれば多少短くても伸びてくれるので、肉厚を犠牲にしてまで長尺なサイズにこだわるメリットはそう生まれないんじゃないかと思ってしまいます。

そして、あえてこのシリーズについてもう一言言わせてもらうとするのであれば

「トイズハートがこれを出したらアカンですよ・・・」

というのが今回のシリーズを受けての本音で、トイズハートの先行きが不安になってしまうオナホールですね。

※フェラっぽさは全くありませんでした。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:942円前後
nkp(1g当たりの値段):5.6円前後
オナ郎のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る