001今回はリグレジャパンの

「愛して!シーマスカット!」

試してみました。

うろこほーる」の第2弾的なオナホールですね。 


2016年にあの有名な「ボクおなシリーズ」とコラボした商品を出したばかりなので、覚えている人もいるかもしれないリグレジャパンというメーカー。

第1弾の「うろこほーる」以降、ちょくちょくオナホールを発売していたみたいなんですが、オナ郎のアンテナに微妙にひっかからずにまだ未レビューなものが多く、さっき軽く調べてみると「うろこほーる」のハード版まですでに発売されていたようですね。

今回はそんな「うろこほーる」の第2弾に位置づけされているオナホールですね。

1-1839

パッケージに「うろこほーるシリーズ第2弾」と書いていなければそんな紹介もできなかったくらい、ネーミングに大幅な変更がされており、おそらくこれは「おねがい!マスカット」的なTV番組の名前をコスっているんじゃないかと思います。

001

重量は約311gと、表記されている320gには少し足りないグラム数ですがこのくらいなら誤差の範囲ないですね。
使われているのは間違いなくRIDE JAPANのバンジータッチ素材なので、このオナホだけポンと出されたらリグレジャパンのオナホールだと気付くのは不可能ですね。

そういう意味ではプライムも同じくRIDEの素材をよく使っているのに、オナホだけをポンと出されても「プライム!」と即答出来てしまうくらい個性的な造形を作ってきているのはさすがだな・・・と、それがいいのか悪いのかはさておきこだわりっぷりには感心させられますね。

001

うろこほーるの特徴でもあった、ふじつぼ的な小さなイボの群れは今回はついておらずに、小さいイボの塊がもっこり盛り上がったようなコブがいくつかつけられている構造になっていますね。

1-1839e

なるほど、説明を読んでみると「シーマスカット」よろしく「海ぶどう」的な構造を表現していたようですね。
あいさぽーとの「ろり肉オクトパス」のイボをもう少し大きくしたような感じで、断面図で見てみるとかなりぎっしりと詰まったような構造になっているようですね。

数年前にこれが発売されていたら「こ、これはすげぇな・・・」と言っていたような構造ですが、今ではすっかりこんな感じの構造も見慣れてしまいましたね。

001

想像していた挿入感よりももう少しはっきりくっきりと内部構造のエッジが効いており、隆起した複数のコブの群れをかき分けながら奥へと侵入いくような挿入感に加えて、小さい粒上のイボのザラザラとした触感もしっかりと感じ取れる刺激寄りな挿入感になっていますね。

ゴツゴツとした海の岩場の小さい穴にペニスを突っ込んでいるような挿入感

と言えばかなり近いイメージで、

001

この交互につけられているコブの一つ一つの感触がしっかりと伝わってくる感じですね。

そんな印象の強い前半部分のゴツゴツさとは対称的に、後半部分にはあまりひっかかりやコブみたいなものは感じられずにほとんど刺激のない挿入感になっているので、最大限に楽しもうと思った場合は入口から奥までを駆け抜けるロングストロークをするか、前半部分だけを使ってのショートストロークをした方が気持ちのいい使い方でした。

比較的柔らかめなバンジータッチ素材でもかなり高めの刺激になっているので、刺激寄りなオナホールが苦手な方にはあまりオススメできず、また刺激寄りと言ってもお尻がピクピクしてしまうかどうかのギリギリくらいの微妙な強さ加減になっているので、あまりにもハードな刺激が好きな人にも少しオススメしにくいオナホールですね。

逆に言えばある程度万人受けしやすいバランスの良い刺激寄りホールなので、オススメ度的には余裕の★4はつけられる感じですね。

奥の方までもう少し刺激があるような構造であれば、★5がつくかどうかは分からないですけど、オナホールとしての完成度はもう1レベル上がっていたんじゃないかと感じてしまいました。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:2000円前後
nkp(1g当たりの値段):6.5円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る