ぷにスケWOMB今回はリクエスト頂きました、PPPの

「ぷにスケWOMB」

試してみました。

スケスケ仕様なオナホールですね。 










オナホールというものは基本的に何の色も加えなければ全て透明なオナホールとして出来上がる

という話を過去にだれかに聞いた事があります。

一昔前はそんな透明なオナホールもちらほら見かけていたわけですが、最近ではどこのメーカーもピンクや肌色や白や紫なんかの着色を施している事が多く、またそれによってそのメーカーの素材らしさみたいなものが少なからず出ている感じですね。

今回はそんな透明なオナホールにあえてコンセプトを加えてきたオナホールとなります。

ぷにスケWOMB

パッケージだけで言えばトップレベルと言っても過言ではないPPPの素晴らしいパッケージのクオリティは相変わらずな感じで、イラストもさることながら全体的なデザインにもこだわりが感じられますね。
2つの素材で漫画やゲームの【断面図】を再現したオナホールが登場。
素材の異なるハーフ2層構造でピンク色の内部が透けて見えるため、挿入れているところが確認できます。
透明なオナホールにした場合、どうしても挿入しているペニスが透けて見えるという特徴があるわけですが、それを逆手に取ってエロ漫画みたいな挿入のイメージを楽しもうというコンセプトですね。

確かエロ漫画で初めて断面図的な表現を確立したのはジョン・K・ペー太さんだったような記憶があります。

001

重量は約407gの中型にしては大きめで、大型にしては小さめなサイズのオナホールですね。
スーパーでこんな感じの桃が売っていてもなんの違和感もなく買ってしまいそうなくらい水々しい感じに作られていますね。

素材は少し固めでほのかに漂うクレヨンっぽい臭いが少々、油っぽさはかなり控えめになっていますね。

001

底面と半分が不透明な素材で、外側をうっすら覆う部分と真ん中半分だけ半透明な素材と、ちょっと変わった二層構造になっていますね。
おそらくこの構造によって漫画やゲームの断面図を再現しようと試みているんじゃないかと思います。

_SL1000_
ベースにはシンプルな横ヒダと、奥の方にはイボゾーン。
裏筋側を別素材にする事によってもちっとした触感を再現しているような構造になっていますね。

001

漫画やゲームの「断面図」を再現というコンセプトの着眼点は良かったように思うんですが、

何も日本だからといってそんな所にまでモザイクをかけなくてもいいじゃない

というくらい、素材が半透明すぎてすりガラス越しくらいにしか見えないボヤっとした断面図になってしまっており、本当にコンセプトを楽しませようと思っているのか疑問になってくる仕様ですね。

ベタ付きを抑える為にパウダーがある程度振られていたのでこれのせいかと思って一度洗い流してからも試してみたんですが、モザイク感はさほど変わらずでなんだかなーという感じですね。

肝心な挿入感の方は、少し固めに感じるソリッドな挿入感の中にザラっとしたヒダの壁がコスってくる刺激が小さじ1杯、真ん中にあるコリっと亀頭がひっかかる狭くなっている穴の刺激が大さじ一杯くらいの割合で感じられる挿入感で、内部はどちらかというと広めになっているので、固めでコリコリするといっても刺激のさじ加減はわりと控えめに抑えられている感じですね。

このくらいの固さ加減の素材は少し内部構造に無機質な印象を覚えてしまう為に、もう少し人外的であったり機械的な複雑な構造のような刺激の方が相性がよかったりするんですが、どちらかというとあっさりした刺激になっているので、刺激というか全体的な挿入感にちょっとした物足りなさみたいなものを感じてしまいますね。

真中部分のコリっとしたひっかかりを頼りにしばらくストロークしていればじわじわと快感みたいなものがこみ上げてきて、最終的には気持ちよく射精は出来、ちょっとしたいいオナホを使っているくらいには十分な肉厚を感じられるので気持ちよさでは★3くらいで収まってしまうオナホールですね。

もうちょっとコンセプトを重視して透明度を上げたり、その断面図のエロさみたいなものを楽しむ事が出来たりすればここから加点がついて★4くらいはついていたかもしれませんが、モザイク越しな断面図ではその加点もつけようがない感じですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:3490円前後
nkp(1g当たりの値段):8.5円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る