001今回はタマトイズの

「肉奴隷メイド飼育」

試してみました。

 「Re:ゼロから始める異世界生活」のパロディホールですね。


君のアナ。」のような分かりやすいパロディをしてくる一方で、「こりゃ原作を見てないとさっぱり分からんですたい」と言いたくなるようなパロディもしてくるのがタマトイズというメーカーなわけですが、今回は後者のタイプのパロディですね。
_SL1024_
おそらくこれは「Re:ゼロから始める異世界生活」のアニメの中に出てくる「レム」という鬼的なメインなのかサブなのか立ち位置がよく分からないキャラクターで、原作を見ていなければ普通に「メイド的なオナホールですね」なんて言葉でうっかりスルーしていたと思います。
アニメ終了と同時にオナホとしてのパロディの旬はどんどん消えていくので、REゼロのパロディホールを見るのはアニメの2期や映画化でもされない限りはこれが最後になるかもしれませんね。

パロディメーカーと言えば次に思い浮かぶのが「チクワーク」なわけですが、2016年は毎月必ず1~3つのオナホールをリリースしていたのに、2016年の11月にレビューした「響け!YOUフェラにあむっ」以降、新作をリリースしている様子がなく、「遂に無尽蔵に見えた資金源に底が来てしまったのか・・・」と悲しい結末をついつい想像してしまいますね。

ちょっと気になったので公式のツイッター(https://twitter.com/chikuwork)を覗いてみると、

なんて事が書かれていたので、また忘れかけた頃にひょっこり新作をリリースしてくれるんじゃないかと思います。

001

重量は約270gでツルンとした丸みのあるボディですね。
少し柔らかめで臭いや油っぽさは控えめ~ほどほどくらいに収まっている素材が使われています。

002

内部構造は横ヒダっぽいものがいくつかつけられているような構造になっており、ちょっと造りが荒い感じになっているのはそういう風に仕上げたのか、それとも技術的な問題でそうせざるを得なかったか、ちょっと判断に難しい所ですがおそらくこの感じだと後者のような気がします。

_SL1024_

蕩けるような調教済みホール

というキャッチコピーが書いてあるわりに、DATAの所では固さレベル4になっていたり、実際の素材の固さはレベル4という程固くなかったりと矛盾が入り乱れた説明になっていますね。

ふわとろ系のホールが★1だとしたら、この素材は★2~3くらいの固さ加減だと、頭おかしいレベルの数のオナホを6年間程触ってきたオナ郎が断言しておきましょう。

003

ヒダのゾリゾリ感とは少し違うザラついた壁がペニスをコスってくるような刺激に加えて、もうひと回り大きいデコボコとした壁が同時にコスってくるような挿入感になっていますね。

内部はどちらかと言えばゆるめの挿入感になっており、あまり締め付けだとかキツさだとかいったものは感じないんですが、ザラついた壁の刺激のおかげで普通に射精感が訪れるくらいには刺激はある感じですね。

「気持ちいい、気持ちはいいけど、物足りぬ」
オナ郎心のオナホ川柳


こんな川柳を読みたくなってくるような挿入感で、素材のもっちりした感じや、ザラついた壁の刺激、そしてほどよい肉厚加減と隙みたいなもんもなく、強いて上げるような欠点は見当たらずなバランスの取れたオナホールなのに★3くらいしか付ける気にならないのは、オナ郎のペニスが贅沢すぎるのか、それとも決定的に足りないサムシングがあるのか、どちらかかもしくはその両方なんでしょうね。

強いて言うとすれば、

誰に対してオススメ出来るわけでもない特徴みたいなものがない

というのが欠点なのかもしれません。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:1600円前後
nkp(1g当たりの値段):5.9円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る