床オナ式名器 -A.F.Revolution今回はリクエスト頂きました、ピーチトイズの

「床オナ式名器 -A.F.Revolution」

試してみました。

床オナ式名器シリーズのアナルバージョンですね。










つい先日レビューも同じシリーズの「種付けプレス」をレビューしたばかりですが、全部で何種類発売されているのかは把握していないけどレビュー的には4つ目となる床オナシリーズですね。
変わり種のコンセプトとしては全体的な評価も良く、★4が2つ(ウテルスが★2)もついているシリーズなので今回のアナルバージョンの評価がどこで落ち着くのか、少し楽しみですね。

_SL1358_

「種付けプレス」以前の床オナ式名器シリーズはアダルトグッズショップのKIYOのオリジナル商品という事もあって、そこだけでしか手に入らなかったわけですが、種付けプレスからはメーカー名をピーチトイズとして販売経路を拡大し、パッケージも何かの粗品的な簡素なものからちゃんとしたパッケージが作られるようになりましたね。

アナルファック的をイメージさせるようなイラストと陵辱的な雰囲気が両立しているいいパッケージだと思います。

001

すっごい強そう

というのがファーストコンタクトの印象で、ボディビルダーの方が鍛錬を追求するあまり、アソコにまで筋トレを始めてしまったかのような力強さが溢れるボディになっていますね。

前回の「種付けプレス」もなかなかに独特な造形でしたが、あれもあれでちゃんと意味がある形だったので、今回のムキムキボディもきっと意味があったんだと、おそらく使ってから理解する事になるんだと思います。

001

床オナ用のオナホールなので底面は完全に真っ平らになっています。

001

挿入出来る箇所はアソコ側と、もちろんアナル側と2つついていますが、アソコ側は穴というよりも「袋」みたいな形状になっているようなので、挿入とはちょっと違う感じですね。

001

グパァっと開いてみると、穴の位置がちょうど膨らみの所だけで完結している仕様になっています。
パッケージには「マンズリスポット」という名前が付けられているので、この部分は挿入というよりもズリズリして楽しめるオマケ的な要素ですね。

001

さすがに裏返せないのでアナルをぱっくり開いてみると、大きなヒダが連続してついているような構造になっているようですね。
本物のアナルにはこんな精子を絞り取ろうとするようなやる気まんまんな実用的なヒダはついていないはずなので、アナルっぽさよりもオナホらしさを重視した構造になっていると思います。

001
断面図で見てみると先程垣間見えた大きなヒダが奥の方にまでついている連続した高ヒダ構造になっているのが分かりますね。

001

ちなみにこの謎のコブは一体何の為についているのかというと、この部分をプッシュする事によって空気抜きや洗浄が容易になるとパッケージには書かれていました。

確かにこのくらいの大きさや造形になってくると、しっかり空気を抜けなかったり、かなりの圧力をかけてやらないといけなかったりするので、見た目よりも実用性を重視するその姿勢は賛否両論あると思いますが、やはりオナホールは快適に使えるというのも非常に大事な要素だと思うのでこういう所は支持したいですね。

001

とりあえずマンズリスポットにムニっと挿入してみました。
裏筋に当たるライトなイボのザラザラとした触感がしっかりあって、おまけと言えども十分実用的な挿入感になっていますね。

こういったペニスをズリズリさせるような構造の場合、腰を浮かせてしまうとペニスの位置が安定せずにあまりズリズリ感をしっかり楽しめなかったりするんですが、薄いマン袋が上に飛び出るのを守るストッパーの役目になっており、腰を軽く浮かせた状態でもズリズリ感はそれなりに楽しめる素敵な仕様になっていて、かなり実用性がある仕上がりですね。

奥が浅くなっているので、てっきり寸詰まりのような挿入感になるのかな、と思っていたらそうではなくて、カバーとなっているマン袋の奥からグイッとペニスが突き出るような形になりますね。

001

なので想像していたような寸詰まり感はなくとも、わりかし薄めに作られているマン袋が破れてしまわないかと少しヒヤヒヤしてしまうような作りなので、あまり調子にのってズリズリしているとあっさり反対側の壁が破れてしまうんじゃないかと思います。

002

次はメインディッシュとなるアナルへの挿入ですね。

やれ人参やらジャガイモがたくさん入った野菜たっぷりカレーの中に挿入しているかのような、ゴロゴロゴツゴツとした挿入感になっていて、リアルなアナルっぽさはさっぱりありませんが「ファンタジーの中に出てくるアナルはきっと感じなんだろうな」と思わせてくれる妙なアナルっぽさを感じる事は出来ますね。

全体重をオナホに乗っけてズリズリさせても全然余裕なくらいのボディの安定感はさすが床オナ特化型のオナホールといった所で、この辺はシリーズで共通の使い心地ですね。

ギュっとペニスを押し付けながらの床オナスタイルは腰振りオナニーとは一味違う密着感の高さを味わう事が出来るので、うつ伏せ状態の女性に挿入している時のような感覚に非常に近いものがありますね。

001
(こんな感じのそれ)

また、腰振りオナニースタイルでストロークしても無理な角度になったりせず十分楽しむ事が出来たので、ズリズリしたりズポズポしたりと色んな楽しみ方が出来る幅の広いオナホールだと思います。

ちなみに空気抜き用につけられているコブをグイっと押してあげると「グポッオ!」という音と共にしっかり空気が排出されるのが分かるので、見た目を犠牲にしてまで取り付けたコブもちゃんと機能していて安心しました。

機能や仕様や使い心地と全てに満点をつけたくなるようなオナホールなので、余裕の★5がついてもおかしくないんですが、その野菜たっぷりカレーのようなゴリゴリとした挿入感が射精を促すような心地の良い刺激ではなくどちらかというとマッサージされているようなゴリゴリ感で、またそれでいて高刺激特化なのかと言われるとそうでもない微妙な加減の挿入感がイマイチ合わず、★3くらいで収まってしまっているのが残念な所ですね。

おそらく種付けプレスでも似たような評価になっていたと思うので、もしかしたらピーチトイズの目指す気持ちよさとオナ郎の感覚に大きなズレがあるのかもしれませんね。

もうあと一歩「気持ちいい!」と思えるような挿入感であれば、迷う事なく★5をつけていたと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:7800円前後
nkp(1g当たりの値段):4.8円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る 
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る