001今回はリグレジャパンの

「マスターハンズ」

試してみました。

手コキ用の手袋的な商品ですね。 










これだけオナホールをレビューしてきたオナ郎がこれを言っちゃうのもあれなんですが、

ローションをたっぷり使った手コキは★5のオナホに匹敵する気持ち良さがある

なんて事を、実は結構前から思っていたんですが、そんな事を言うとオナホ神の怒りでも買って不幸な事が起こるんじゃないかと思ってあまり言えなかったこの気持ちを手コキ系グッズのどさくさに紛れて伝えてみようと思いました。

1-1848

そんな訳で、今回はオナホールではなくて手コキ用のアイテムのレビューですね。
実はこのタイプのオナホ、じゃなくて商品は初めてではなくて2011年に「D-GROVE」という商品を一度レビューした過去があり、5年半前のオナ郎に「惜しい」と言わせたアイテムでしたね。

こういうグローブを装着する事によって手の感覚がなくなり

誰かに手コキされているような感覚を味わえる

というのが大きなメリットだというのは検証済みなので、それ以上のサムシングがあるのかないのか探っていきたいと思います。

001

パッケージからもすでに大胆に透けまくっていましたが、こちらが本体で重量は約174gとオナホ的には少し小さめの重量ですがサイズは手の平とちょうど同じくらいになっていますね。

少し柔らかめでTENGA等にも使われているのと似たようなシリコン系の素材で、油っぽさは多少残っていまうが臭いはほとんどありませんね。

手のひら部分には野菜スティックのような大きめの縦ヒダと、指の部分にはイボのラインと波型のヒダが交互についている構造になっています。

001

素材は柔らかめなのでこのくらいは余裕で広がっちゃうくらいのキャパシティがあるので、ある程度手の大きな方でも問題なく使えるんじゃないかと思います。

手を刺激する為の物ではないので、内側にはヒダやらイボやらは一切取り付けられていませんね。

masterhands
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

装着して動かしてみるとこんな感じですね。
やはり素材が柔らかいので手の動きに制限はなく、さほどストレスを感じる事なく自由に手の形を変える事が出来ます。

大人のドラえもんが存在すればきっとこんな感じの手の構造であれやこれやと楽しませてくれるんじゃないかと思います。

作りはシンプルなのであれやこれやと說明する前にさくっと試してみましょう。

001

期待は・・・超えてこない刺激だな・・・

とストロークしてからわずか数秒で若干のがっかり感が伴ってしまいましたが、決してダメダメだったというわけではなく、

思っていたよりも普通だった

という感じですね。

表面についた大きなヒダがコリコリとひっかかりを与えてくれる刺激があり、カリの部分を刺激するのにちょうどいい役割を与えてくれているんですが、グローブを装着する事によって変化自在な手コキの動きがかなり単調になってしまうという大きな欠点がありますね。

もちろんグローブを付けながらでもそのような複雑な動きは可能なんですが、一番それっぽくて気持ちのいい動きが亀頭中心のショートストロークなので、自ずとストローク方法もそれ中心になってしまい、手コキの良さよりもオナホらしさの方が上回ってしまう感じですね。
オナホらしさが上に来てしまうと、「それならオナホを使った方がいいじゃん」という感想になってしまうので、中途半端さが漂ってしまいますね。

試しにグローブを外して普通にローション手コキをしてみると、グローブをつけて手コキをするよりも余裕で気持ちよかったので、手コキ好き派のプラスアルファにはなりきれないんじゃないかと思います。

どちらかというと、オナホをちょっと違う感覚で使うような商品といったほうが近いイメージですね。

これはこれとて悪い商品ではなく、★4を付けるほどオススメしたいわけでもない★3くらいの評価で落ち着いてしまう感じです。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:1700円前後
nkp(1g当たりの値段):9.7円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る