001今回はタマトイズの

「なまみこ」

試してみました。

「くまみこ」のパロディホールですね。 










各メーカーが年々リリース数を減らしていっているというのに、毎月安定した数のオナホールを発売してくれるタマトイズに圧倒的感謝な毎日なわけですが、これだけ毎月数点のオナホールをリリースしているとネタもなくなってしまうのか、明らかに気合が入っているものと入っていないものとの落差が結構あったりしますね。
_SL1024_
今回のオナホールはどちらかというと後者のタイプのそれで、前回レビューした「月曜日からたわわ」と同じような100g以下の小型ホールとなっています。

オナホられているのはおそらく「くまみこ」というアニメで、確か前にもチクワークが「くぱぁみこ」なんていう名前でこのアニメをパロディしていましたね。

ちなみに「なまみこ」でググってみると、


なまみこ物語

という源氏物語私見的な本が飛び出してきますが、おそらくこれはパロられていないと中身も見ずに断言しておきます。

001

重量は約90gで半透明のピンク色をした貫通型のオナホールですね。
少し固め~普通くらいの固さで、臭いや油っぽさは控えめですがパウダーがかかっていないのでベタつきのある触り心地になっています。

さすがにタマトイズがこのサイズのオナホールを型から作って・・・とは思えないので、おそらく昔何かのオナホールとして販売されていたリバイバル系のオナホールでしょうね。

001

全体的にヒダ系の構造になっていて、入り口と奥が細ヒダで、真ん中部分が大きめのヒダの3段構造ですね。

001

挿入感は見たまんまの横ヒダ系の刺激になっていて、ゾリゾリとした単調ながらも射精力の高いヒダがコスってくる感じですね。
ただ、真ん中らへんの間隔が広くなったヒダの部分はあまりゾリゾリとした感触がなく、ただでさえ接地面積の狭いオナホールのしっかりと刺激がある場所はさらに狭い感じになっています。

サイズがかなり小さく、素材もそこまで柔らかくはないのでギュっとした締りが味わえるのはメリットですが、穴を狭い分だけローションが刈り取られるようになくなっていき、そして貫通型なのでたっぷりローションを入れても反対側から排出され、わりとすぐに乾いてしまうというデメリットも持ち合わせていますね。

90g程のオナホールなので期待値はそこまで高く見積もっていないとしても、もうちょっと長くして欲しいサイズ感やローション周りの使いにくさ、そしてヒダの中途半端さもあってオススメ度としては★2くらいがちょうどいい加減かもしれません。

仮にこれが超コスパの300円以下のオナホだったとしても評価はそこまで変わらないと思いますね。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:700円前後
nkp(1g当たりの値段):8.1円前後
オナ郎のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る