若女将のおもてなし今回はリクエスト頂きました、トイズハートの

「若女将のおもてなし」

試してみました。

螺旋構造の若女将なオナホールですね。 










ある程度オナホールに目が慣れてきた中級者以上の方であれば、大抵の場合パッケージやオナホの断面図を見ただけで

「このオナホにどの程度の期待値を持っていいものかどうか」

という判断が一瞬で出来るようになってきたりします。

ここ最近のトイズハートにはそんな期待を抱かせてくれるようなものが少なく、なんだかんだで人気商品のシリーズものくらいにしかビビっとくる商品がなくて「トイハの冬」と表現しちゃいたいくらいにいまいち盛り上がりにかけるラインナップが続いていたんですが、今回同時に発売された2つのオナホールは「これはちょっと期待出来るかもしれない」と思えるような特徴のあるオナホールになっていますね。

若女将のおもてなし
とりあえず一つ目のオナホールがこちらの若女将のおもてなし的なオナホール。

トイズハートは基本的にパッケージやコンセプトとのシンクロ率をさほど重視していない傾向にあるので、「若女将」やら「おもてなし」的な要素はただのパッケージを飾るだけの要素ですね。

001

重量は約238gで、わりとスリムな形の造形になっていますね。

_SL1000_

「ストレッチスキン」

という事で新素材が使われていました。
少し固めで臭いはほぼゼロで油っぽさも控えめな素材ですね。
伸縮性があり、伸びる力より縮む力の強い締め付け感のある素材です
この固さ加減に加えて、締め付け感のある素材・・・という事は、もしかしたら「ぼくの生徒」に匹敵する亀頭責めホールの可能性も浮上してきましたね。

002

内部にはくっきりと浮き出る横ヒダに加えて、螺旋系のコブ的なものが浮かび上がる構造になっていますね。

_SL1000_

断面図で見るよりも、入り口の挿入イメージで見た方がこのオナホの構造が分かりやすいですね。
近い所でいうと「萌えあなトリニティ」のような三辺構造にひねりが加わったような構造なんだと思います。

001

この構造と固さであればヒダのゾリゾリとした刺激はそれなりに出るだろうとは思っていた通り、基本的にはヒダ系のゾリっとした刺激がメインテーマになっているわけですが、なにより素晴らしいのは

螺旋の穴を掻き分けて進んでいくようなニュルっと絡みついてくる感じ

が、これでもかと言わんばかりにはっきりくっきりと感じ取れる挿入感ですね。

螺旋だなんだと言っておきながらただのヒダ構造だった、みたいな凡才な螺旋構造ではなくて、我々が螺旋構造からイメージするギュルっと掻き分けていくような挿入感がしっかりと再現出来ていますね。

「縮む力の強いストレッチ素材」というのも、分かるような気がするくらいキュッと縮んでくる挿入感も再現出来ており、素材と構造の相性がいいとはまさにこの事だと言えるでしょう。

強めのヒダがコスってくる刺激に加えて、ギュルっと掻き分けながらニュルっと絡みついてくる螺旋構造、そして食いついてくるような締め付け感もあって刺激はかなり高めに設定されていますが、亀頭中心に刺激してくるような刺激ではないので、それほどお尻はピクピクしてこずに、わりとバランスの取れた使いやすい高刺激ホールだと思います。

ここまで褒めちぎった所で、唯一の欠点を述べさせてもらうと

スリムに作りすぎて肉厚が偏ってしまっている

という無視出来ない挿入感がオススメ度を下げる原因になってしまっていますね。

001

スリム造形なのと、この謎の模様が付けられているせいで画像でいう下側の肉厚がひどく頼りない事になってしまっており、肉厚側に刺激が集中してしまって少しバランスが悪くなっていますね。

螺旋構造のお手本になるような挿入感

と言えるくらいに特徴が出ているオナホールなだけに、こういう所で評価が下がるのはもったいないですね。

これがもし300g程で肉厚バランスがとれていたとて★5が出たかどうかは使ってみないと分かりませんが、現状でも★4は余裕で付けられるくらいのオナホールだと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■■■[刺激系] (5段階:5)
ショップ平均価格:2200円前後
nkp(1g当たりの値段):9.2円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る