発情バスガイド今回はリクエスト頂きました、トイズハートの

「発情バスガイド」

試してみました。

前回に引き続き「若女将のおもてなし」と同時発売されている職業系シリーズですね。 










昨日レビューした「若女将のおもてなし」のコメント欄にあった

「トイハの職業シリーズ」

というコメントを見てハっと思い出しました。

0328ddf3
巫女の初体験|えるしってるか、本物の巫女はブラジャーを・・・
淫乱スチュワーデス|レッキング・ボール(壊れゆく鉄球)が頭を駆け巡る程のイボ感
いいなりウェイトレス|縦ヒダ構造に当たりなし説がまたしても有力に

ちょうど去年の今頃に発売されていた3つ同時発売の職業的なコンセプトで統一されたシリーズがありましたね。すっかり忘れていましたが、今回の2つのオナホールはこのシリーズの続編という事になりますね。

その中の「いいなりウェイトレス」のコメント欄を見てみると「ホッパがピンチ」という書き込みがあったのをみて、「そういえばちょうど今頃の時期だったな・・・」と懐かしい気持ちになりました。

_SL1500_

シリーズ的には第5弾目くらいとなるのが今回のバスガイド的なオナホールですね。
「スチュワーデス」や「巫女」や「ウェイトレス」はまだ日常生活でギリギリ接点がありそうな職業ですが「若女将」なんて未だかつて見た事がないし、「バスガイド」なんて学生時代の修学旅行くらいにしかお目にかかった事がなくて、なんだかいまいち馴染みにかけすぎて発情しにくい感じですね。

皆さんそんなにバスガイドがついてくるような旅行をしているもんなんでしょうか・・・。

001

重量は約230gで造形はシリーズで全て同じ型が使われており、一度混ざってしまえば入り口から穴を覗いてみない限りどれだかさっぱり分からないシリーズとなっています。

使われているのは前回と同じ「ストレッチスキン」という縮む力が凄い的な素材で、使ってみた限りでは確かにその特徴は感じ取れましたね。

002

内部はかなりくっきりとした大きめのヒダ構造になっており、ロサマガ2の砂漠辺りで技の閃き稼ぎをさせてくれそうな小ボス感のある構造になっていますね。

_SL1000_

発情したバスガイドの”密着接客”がなぜこんなにボルト感のある内部構造になるのかは分かりませんが、イメージ画像で見る限りでは家庭でもギリギリ作れそうな「砂漠のナット大作戦」的な構造になっていますね。

001

仮に「パリィ」を閃いたとしても受け流せずに即死してしまう程にゴリッゴリのヒダがバキバキと音を立てながら強烈に刺激してくるような挿入感で、挿入してからしばらくはカリの部分が少し痛いくらいに感じるオナホールとなっていますね。

数年前だったら「アホちゃうか」と言いながら投げ捨てていたかもしれないこの強烈な刺激にも、今ではしばらくストロークをしていれば刺激に慣れてしまってそれなりに楽しむことが出来ている自分を発見したので、オナ郎のペニスもなんだかんだで鍛えられているのかもしれませんね。

挿入感は非常にシンプルですが、そのシンプルさが逆にいいと思えるくらいに特徴的すぎるバキバキのヒダ加減なので、ごりごりの刺激系のオナホールが好きな人にはわりとオススメがしやすく、何の迷いもなく★4くらいは
つけてしまえるオナホールだと思います。

若女将のおもてなし」のようなちょっとした目新しさなんかはあまりないですが、内部構造のせいなのか肉厚のバランスの悪さは今回はそんなに感じなかったので、高刺激でバランスよく仕上がっているのは「発情バスガイド」で新鮮さを求めるなら「若女将のおもてなし」が上回っている感じで、どちらも程よい★4加減のオススメしやすいオナホールですね。

ただ、オナ郎でもそれなりに楽しめるくらいの刺激加減なので(そもそも超高刺激はそんなに好きじゃない)、鍛錬されたアイアンペニスの方にはもしかしたら少し物足りなく感じるかもしれない・・・けど、刺激レベルは間違いなく5段階中の5がつく刺激加減ですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■■■[刺激系] (5段階:5)
ショップ平均価格:2223円前後
nkp(1g当たりの値段):9.6円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る