限定版 フェラ魔チオ今回はホットパワーズの

「限定版 フェラ魔チオ イモット」

試してみました。

前回に引き続き、フェラ魔チオシリーズの限定版のオナホールですね。 










ホットパワーズのサイトだけで販売されている今回のフェラ魔チオシリーズの限定版。
「アーネ」の方は通常版の評価も高かったので、限定版の方がそれなりに良いというのはある程度予測出来たわけですが、今回は通常版の方の評価がそれほど高くなかった「イモット」の方の限定版のレビューですね。

限定版 フェラ魔チオ アーネ

通常版フェラ魔チオのアーネとイモットの違いは、その舌の形状よりも

素材の違い

が非常に大きな挿入感の違いになっており、このホールを語る上で外せない「ギャップ感」が少し薄めに感じてしまった結果、あまり評価が伸びなかった結果になってしまっていましたね。

hop12-2

今回の限定版のイモットは、同じ限定版のアーネと同じ素材が使われているようなので、その違いは内部構造のみとなったみたいですね。

001

透明な色と素材の硬度以外は通常版と全く同じなのは限定版アーネと同様ですね。
重量は約298gとアーネに比べて約10g程大きいサイズですが、さほど気にする差でもありませんね。

002

内部にはかなり存在感のある固めの舌が配置されており、アーネでは分かりやすいヒダ構造でしたが、イモットではイボ系の構造になっているのが大きな違いですね。

アーネの方ではその分かりやすい程のヒダのゾリゾリ感と異物感、そしてギャップ感で見事に★5が飛び出しましたが、はたしてイボのゴツゴツとした感触でどこまでオナ郎のペニスに響くのか、というのがポイントになりそうですね。

001

単純に気持ちよさだけで比較すると限定版のアーネの方がいい

というのはまず間違いのない所で、やはり分かりやすすぎる程のヒダのゾリゾリアドバンテージがある分だけアーネの方が分かりやすく気持ちのいいオナホールだと思います。

ただ、アーネの方がその舌のゾリゾリとした刺激がアクセントとして際立ちすぎている為に、そのヒダの強烈なアクセントがなくなった分だけ突起の異物感や素材とのギャップを感じやすいのはこちらのイモットの方で、刺激がマイルドになった分だけ特殊二層構造のオナホールとしてのバランスはこちらの方が良く感じますね。

単純に前後のストロークをするだけで刺激を味わえたアーネとは違って、イモットの方は手で舌の部分を動かしてコリコリとした感触を楽しんだ方が気持ちのいい動きだったりするので、どちらかというと通常版の「アーネ」の挿入感にかなり近い印象がありますね。

単純に分かりやすい気持ちよさであればアーネの方。
少しまったり気味に寄せた構造本来の良さを味わいたのであればイモットの方と、どちらもそれぞれの良さがあるオナホールなんじゃないかと思います。

ただ「構造本来の良さ」というのは少し万人受けのしない分かりにくい指標なんじゃないかとも思うので、オススメ度としてはやはり分かりやすい気持ちよさのあるアーネに軍配が挙がってしまい、イモットの方は★4くらいがほどよい加減なんじゃないかと思います。

内部素材を極端に違う硬度にするという今回の特殊二層構造は今までにない斬新さのある挿入感をオナホールに与えるという事が分かってしまったので、例えばこれを3つの舌にしたり、螺旋形状にしたりと色々なバリエーションの構造で使ってみたくなりますね。

そのうちホッパがそんな構造の期待をさらに越えるようなオナホールを作ってくれると思うのでその日が来るのを楽しみにしておきましょう。

オナホデータ

[まったり系]■■□□□[刺激系] (5段階:2)
ショップ平均価格:2000円前後
nkp(1g当たりの値段):6.8円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る