わいるど萌え突起今回はトイズラブの

「わいるど萌え突起」

試してみました。

ワイルドな突起のオナホールですね。 










~前回までのあらすじ~
逆ヒダヴァギナージュ」をレビューをしたのを最後に、目玉になりそうなオナホストックをねこぞぎ切らしてしまったオナ郎は、トイズラブのオナホールでこの極寒のオナホの冬を乗り切ろうとしているのだった。
~続く~


わいるど萌え突起

という事で、残り20何個か忘れたけど久しぶりにトイズラブのオナホールのレビューですね。
軽く調べてみましたが、トイズラブは去年の12月にレビューした「ふんわりゆるまん」を最後に、2017年になってからは新作を発売していないみたいなので、もしかしたら4月か5月にはまた新しいオナホールをリリースしてくるかもしれませんね。

2017年になってもまだ新作を出していない他のメーカーは
  • G PROJECT
  • アイサポート
  • チクワーク
  • プライム
ここらへんが香ばしい所で、来月くらいとびきりすげぇやつがハチャメチャになってまとめてリリースしてくれるのを今か今かと心待ちにしているオナ郎です。

001

オナホかぶっといミミズかで言えば、どちらかと言えばぶっといミミズと言い切ってしまっても差し支えないような細みかつモコモコした造形のオナホールですね。
この細さなのでもちろん重量も約140g程しかなく、オナホとしては少し頼りなさのあるサイズ感で、どれだけ肉厚の薄さを感じさせずに内部構造をアピール出来るかがこのくらいのサイズのポイントになりますね。

少し柔らかめで臭いと油っぽさはほどほどな、トイズラブのいつも使っている素材です。

001

内部はかなり荒々しくイボやらヒダやらが付けられている構造になっており、重量さえあればかなりのゴツゴツ系のホールになるだろうとは想像出来ますが、140g程のサイズでこの構造がどこまで生きてくるのかが心配ですね。


001

挿入感は間違いなくイボっぽい感じで、想像していたようなゴツゴツとした荒い刺激ではなくてモコモコとした壁を渡り歩くような、そんな刺激になっていますね。

001

もうちょっとビジュアル的に說明すると、ハンター×ハンターに登場するユピーというキャラクターの肩にのっかっているモコモコとしたサムシングがオナホール一面に張り付いているような感じの挿入感で、イボなんだけどヒダに近いような不思議な感覚を味わう事が出来ますね。

そんなモコモコとした肉壁がみっちりとペニスをくわえ込むようにギュっと締め付けてくるので、さほど肉厚の頼りなさを感じる事なくストロークを楽しむ事が出来て、もうちょっと大きいサイズの方がいいのはわかっているとしてもこれはこれとて十分満足のいく仕上がりになっていると思います。

画像や動画では少し分かりにくいですが、手で補正すればまっすぐ突けなくはない程度のレベル1の軸ズレが発生しており、肉厚よりもこちらの方がストローク感を悪くする原因になってしまっている感じですね。

それがなければオススメ度としては余裕の★4をつけてもよかった所ですが、もうちょっと肉厚があればもっといいオナホになったのに・・・という惜しさも含めてオススメ度は★3くらいで収めておきたい所ですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:900円前後
nkp(1g当たりの値段):6.1円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る