ぷくまんスクールデイズ今回はLOVE DROPの

「ぷくまんスクールデイズ」

試してみました。

スクール的な据え置き型ホールですね。 










強烈な個性があるわけではなく、絶対自分で企画して作っておらず海外の出来合いオナホールをパッケージしただけなんだろうけど、なんやかんやで今までレビューしたオナホールの全てが★4を付けて新メーカーとしては上々な出だしを見せてくれているLOVE DROPというメーカー。

前回まではハンドホールでしたが、今回は大型の据え置きホールのレビューになります。

_SL1000_
スクールデイズという名前なのにパッケージの女の子はほぼ半裸状態でスクール感なんてものは肩から見える体操着っぽいものくらいしかないわけですが、スクールデイズというからにはスクールデイズなオナホールなんでしょうね。

001

一昔前であればわりと絶賛されていたかもしれないくらい、ロリっぽいきれいな造形に仕上がっていますが、最近ではこれくらいのクオリティの造形はもはや当たり前になってしまったので、そうそう驚く事はなくなってしまいましたね。

固さは普通くらいで、臭いと油っぽさはほどほどな素材が使われています。
Amazonで今のところ約6700円程で重量は1.8kgあるのでnkp換算すると約3.7になっており、大型なのでそれなりの値段はするんですが、コスパで見ればnkpは4を切っているのでかなり安い方ではありますね。

001

入り口のビラビラ部分がわりと大きめに作られており、画像のようにガバっと大きく広げる事が可能になっています。
アナルとアソコの入り口がかなり接近しているので、ここらへんがすぐに破れてしまいそうな感じがして耐久性に不安がありそうな作りですね。

001
アソコ側は二層構造でなんとも形容のしがたいボコボコとした内部構造。
アナル側は二層ではなく、若干うねりをもたせたゴツゴツした構造になっていますね。

001

うむ・・・。

若干ザラつきのあるような柔らかい壁でどちらかと言えばまったり気味な挿入感になっており、腰振りオナニーをするには程よい刺激の加減になっていますね。

特にこれといった特徴みたいなものもなく、

わりと大きめのオナホの穴にそれとなく突っ込んでいる

だけのような、感動も絶賛もないオナホールなわけですが逆に言えば特にこれといった欠点があるわけでもないので安めの据え置き型ホールとしては十分実用に耐える気持ちよさや挿入感なんじゃないかと思います。

ナチュラルな肉厚の圧迫感みたいなものがそこまで強く感じられない若干ゆるめの穴なのが少し気になるくらいで、

「どうでっか!?」と言われれば「ぼちぼちでんな」

と答えてしまう無難街道まっしぐらなオナホールですね。

002

アナルの方はアソコ側よりも、もう若干締りのある挿入感で、刺激の方ももう若干ボコボコ感の分かりやすい挿入感になっており、アソコ側の刺激レベルが2~3だとしたらアナル側は3~4くらいの加減になっていますね。

分かりやすい刺激という意味ではアナル側の方がボコボコしていて気持ちいいんですが、奥まで突っ込んだ時に穴が背中らへんで少し薄くなってしまっている為に、アソコ側に比べて肉厚のバランスが少し悪くなっているのが気になる点ですね。

バック体勢で腰振りをした時のお尻のボリューム感はなかなかのものなので、後ろから突いてあげた方がビジュアル的にはそれっぽい感覚を味わう事が出来ます。
  • アソコ側は少しゆるく感じる
  • アナル側の奥が少し肉薄な感じ
というのが分かりやすいマイナスポイントですが、★2ほど悪くはなく、コスパまで含めると50点かもう少し上くらいの★3としてオススメ出来るオナホールですね。

全体的には今までにレビューしたLOVE DROPの傾向らしく、バランスは良い方なんじゃないかと思いました。

オナホデータ

[まったり系]■■~■□□[刺激系] (5段階:2か3くらい)
ショップ平均価格:6700円前後
nkp(1g当たりの値段):7.5円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る