ぷにねんまく今回はRIDE JAPANの

「ぷにねんまく」

試してみました。

粘膜的な小型ホールですね。 










RIDE JAPANと言えども小型ホールはやっぱり厳しい

このサイトではわりと高評価を連発しているような印象のあるRIDE JAPANのオナホールですが、小型ホールに限って言えばそこまで高い評価のものは多くなく、大体は★2~★4くらいで収まってしまっている感じですね。

一応このサイトの評価基準の一つとして「お値段以上の価値があるのか?」という決してニトリをパクったわけではない基準があるので、小型ホールでも★5が出ないわけではないにしても、年々小型ホールに対しての評価の基準が厳しくなっているような気がします。

ぷにねんまく

おそらくRIDE側としても、

「そんなもん小型よりも中型ホールの方が気持ちいいに決まっとるがな」

というのは分かっている以上に分かっていつつも、おそらくビジネス的な事情でミドルホールの合間に挟んでくるのが今回のような小型ホールですね。
粘膜特化ネバ気持ちいオナホール。
これが今回の柱となっているコンセプト。
同じようなコンセプトのオナホールとして「生感触ねんまく」というオナホールがありましたが、今回はそれの小型版みたいな立ち位置の商品なのかもしれません。

001

重量は約120gと小型ホールの中でも小型なサイズの本体ですね。
その分全長は約10cmという短すぎる程の長さになっているだけあって、横の肉厚は小型ホールと言えどもそれなりにもっこりしている感じですね。

小型ホールでたまにやけに肉薄な細長ーい形のものがあったりしますが、オナ郎個人の意見としては小型ホールである以上長さはきっぱり諦めて肉厚寄りな短い形にした方がバランスはいいと思っています。

001

最近ではもっぱら絶滅危惧種に指定されかけている貫通型の採用ですね。

001

内部は横ヒダ系の構造になっており、単純なボルトライクな横ヒダではなくて細い糸を巻きつけて作ったかのような細ヒダが重なっているような造形になっていますね。

_SL1000_

断面図で見てみると内部には微妙なカーブが付けられているようですね。
ここ最近断面図ですでに軸ズレしているオナホールをたくさん見かけていたので、このまっすぐ通った断面図を見るだけでちょっとばかり安心してしまいます。

001

貫通ホールというよりも

半分に切ったオナホールを使っている感

が、物凄く漂ってきているような挿入感になっていて、あきらかにこの構造と貫通ホールの相性はそんなに良くない感じですね。

ゾワゾワッ!とした横ヒダに若干雑味が加わったようなヒダの感じはとても心地が良いんですが、あっという間にその気持のいいヒダ部分を駆け抜けてしまい、その後は何もない空(くう)が待ち構えている為に、まるで初めてUSJに行って2時間程並んだ挙句に5分か10分そこらでアトラクションが終わって「え、これで終わり?」と言ってしまった時の気分を思い出してしまいました。

ロングストロークをすると「ジャパン・オナホ・ザ・ライド」みたいな何うまい事いうてんねん感のあるあっという間に終わってしまうヒダの短さにあまり満足出来ない結果となってしまう為に、存分に楽しもうと思った場合は貫通させずに亀頭だけに集中してゆっくりとストロークする必要がありますね。

ただ、それをすると亀頭に偏りすぎたヒダの刺激がじんわりとした亀頭責め系のホールになってしまうので、かなり限定的な刺激のオナホールになってしまうのがちょっと残念な感じです。

ためしに先端をつまんで疑似非貫通ホールとして使ってみるとわりといい感じな使用感になったので、じんわりと刺激してくるやや繊細気味なこの構造であれば非貫通型の方が相性が良かったんじゃないかと思ってしまいますね。

★3でもいいかな・・・くらいの使用感ではあるんですが、やっぱりちょっと足りていないような気がするのでここは厳しく★2で収めておきましょう。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:650円前後
nkp(1g当たりの値段):5.3円前後
オナ郎のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16DMMで詳細&レビューを見る