デレぎゃる@彼女今回はジョイボックスの

「デレぎゃる@彼女」

試してみました。

毎度おなじみハンガー構造ですね。 










メイトの技術力は世界一ぃいい!!!


というキャッチフレーズでとりあえず2016年は押し通してきたのに、姉妹会社でもあるジョイボックスが同じ技術を使ったオナホールを出してくるので、なんだかよくわからない事になってきた最近のメイトとジョイボックス事情。

_SL1500_

昨日レビューしたメイトの「Fudeoroshi(フデオロシ)」ではわりとシンプルな内部構造でしたが、今回は同時期に発売されていたジョイボックスのオナホールに、あの技巧的な構造が採用されていたようですね。

パッケージやコンセプトはとりあえずギャルっぽい感じになっていますめ。
「最強のギャル穴が完成した」と言われても、「どうせオナホとはさっぱり関係ないんだろう」、とオナホのキャッチコピーをいまいち信用できなくなったしまったスレ気味のオナ郎です。

001

重量は約92gの小型ホールの中でもかなり小さめな本体ですね。
ジョイボックスの素材は少し固め、メイトの素材は少し柔らかめという明確な違いがつけられていたのに、今回のものに限って言えば柔らかさはボクおな素材とかなり近い少し柔らかめなものが使われていますね。

001

よくもまぁこんな100g程の内部構造に色々詰め込んできたものだな・・・


と、感動すら覚えるレベルの技術力の高さがそこには存在していますね。

ベースには細めの横ヒダと、その合間には太めのヒダ。
長めの突起がちらほらついた最後には毎度お馴染みなハンガー構造というオナホの中にオナホがあるという、超絶技巧だけどいまいち評価の高くない構造がつけられていました。

_SL1500_

よくもまぁこの狭い穴に色々と・・・

さっきも言ったばかりの同じような台詞をもう1度言ってみたくなるくらい、ほんとによく作ったな・・・と思える構造ですね。
なんていうか日本の職人の技術力みたいなものを垣間見た感じです。

001

長めの突起がプリプリと動く感じや、ヒダがコスってくるような感じはそこそこわかりやすいので内部構造としてはしっかり機能している感じですが、やはり奥のハンガー構造の部分が機能しているのかどうかが分かりにくい刺激になっていますね。

うまく真ん中に挿入出来た時はプリっとしたひっかかりのようなものと共に、内部の穴に入っているような感じが出ていなくもない・・・というくらいには存在しているので、とりあえずは機能していると言ってもいいのかもしれませんが、さすがに小型ホールでこの構造は無茶だったんじゃないかな・・・と思ってしまいますね。

さらにはそのハンガー構造をうまく引き出すために奥の方でああでもないこうでもないと突きまくっていたら、あっけなく底が破れてしまって貫通ホール化してしまったので、耐久性の方もそこまで高くない感じですね。

イボとヒダの刺激だけでもそれなりに楽しむ事は出来るものの、うまく機能していないハンガー構造や、底の薄さ、そしてやはり肉厚の薄さもあって気持ちよさで見てもそこまで高い点数をつける事はできず、オススメ度は★2くらいが程よい加減なんじゃないかと思います。

2017/4/13現在、Amazonではフルプライスなのでnkpが11を超えてしまっていますが、おそらく5~600円くらいが適正価格だと思うので、その価格込みでもやはりオススメ度としては★2になってしまいますね。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:1000円前後
nkp(1g当たりの値段):11.3円前後
オナ郎のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る