CQロールソフト今回はリクエスト頂きました、RIDE JAPANの

「CQロールソフト」

試してみました。

CQロール」のソフト版ですね。
 










子宮構造が苦手なオナ郎

数多くあるオナホールの構造の中でもダイナミックに亀頭をデコンボコンと刺激してくる子宮構造の場合、分かりやすくオススメ度が低かったりするので、いつの間にかそんなイメージがついてしまいましたね。

優しく愛撫してくるかのようなふんわりとした子宮構造のオナホールはそこまで評価は下がらずに、ほどよいいいですね感が出ているような感想になっていたかと思いますが、思えばこの「CQロール」というオナホールくらいからオナ郎の子宮構造の苦手さが明らかになったような気がしますね。

d303cd29
CQロール|子宮的な挿入感はとてもよくわかる、そう、とてもよくわかるんだ

前回はハード版だったので、あまりにもデコンボコンした子宮感におもわず★2をつけてしまいましたが、今回はソフト版なのでもしかしたらオナ郎が楽しめるくらいの刺激加減になっているかもしれませんね。

001
パッケージは前回のハード版と大体同じ感じで作られていますね。
発売された当時としては少し珍しかった「置きオナ」という、机なんかに置いて楽しめるタイプのハンドホールでしたね。

これが出たのが2014年ということで約3年ぶりとなる続編ですね。
たまにこういうオナホの時間経過を見てしまうと、それからもずっとオナホのレビューをほぼ毎日続けている自分自身を「頭おかしいんちゃうんか」と再確認して、なんともいえない気持ちになりますね。

001

重量は約537gで使われているのはバンジータッチ素材で、使われている型や内部構造はハード版と同じですね。。
この角度からは少し分かりくいですが、下の部分が平らになっていて床に置いた時に安定感のある造形になっているのが特徴です。

001

ハード版では半透明だったので裏返した時にどんな構造なのかあまりはっきりと見えなかったんですが、こうして見るとかなりヒダメインな構造になっていたんですね。

少しズレた位置に配置してある大きめの上下のイボが子宮的な構造になっていたんだったか・・・ちょっと覚えていませんね・・・。

_SL1000_

なるほど、前半部分のイボは大きめのカーブのような役割になっていて、真中部分に窄まった部分がついているのでここがボコっとした刺激の要になっているんですね。

素材以外はハード版と同じなので、こまけぇ事は抜きにして素材が柔らかくなった事によってどう変わったのかをさくっとレビューしていきましょう。

001

例えていうならテニスラケットでバコンバコンとラリーをしているような破壊力のあった子宮感から、卓球ラケットでパコパコとラリーをしているような軽い子宮感へと変化を遂げていますね。

結局の所★2しかつかなかったけどインパクトの強かった子宮ゾーンが影を潜めた事によって、こっちの柔らかい素材の方がたしかに気持ちはいいんだけど少し物足りないような印象も受けてしまい、ハード版を使ったら使ったでアカンですよとか言うくせになかなか贅沢なペニスだと自分でも思います。

もちろん子宮の刺激もかなり弱めになっており、「なんだか出たり入ったりしてるな~」という挿入感に加えて、穴のひっかかりが甘噛みしてくるような優しい刺激ですね。

そんな子宮口よりも仕事をしているのが入り口部分にある位置のずれた上下の穴で、この部分がザラっとした感触を与えてくれると同時にかき分けるような肉の感じと、上下にうねる挿入感を与えてくれていて、最終的にはバランス良くまとまっているオナホールになっていますね。

★3か★4でしばらく悩んだ結果、「いやいや・・・これがさすがに60点以下って事はないだろう・・・」という所で、仕方なく★4を付けてしまった感じなので、「これは気持ちいい!」だとか「この構造が最高!」といったようなオススメ感ではなく、「この素材とこの肉厚とこの構造とこのくらいの気持ちよさなら★4は出ちゃうよね」という少し後ろ向きな評価になってしまいますね。

そういう意味では子宮の特徴が色濃く出ていたハード版の方がオナ郎の好み違いとは言え、子宮のグポグポした刺激が好きな人向けには逆にオススメしやすいオナホールだったのかもしれません。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:2780円前後
nkp(1g当たりの値段):5.1円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る